ロボットのつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 修学院離宮を参観

<<   作成日時 : 2017/04/19 16:37   >>

ナイス ブログ気持玉 146 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ロボット(私)と、その家族(と、云っても家内と二人暮らし)は、花見の時期に京都の寺社などを巡って歩くのが好きです。

何を隠そう、ロボット夫婦を河島英五の唄のタイトルに真似して表現すれば、二人は『酒 と煙草と男 と女』なので〜す。(笑)

つまり、歌詞 とは真逆で、二人はこれらの嗜好品とは全く無縁の生活ですから、その楽 しみを味わうことができません。(◞‸ლ)

そこで、その経費を “京都” に充てて、桜と寺社を楽しんでいるというわけです。(^^♪

今月のブログ表紙の五重塔と枝垂れ桜は、4年前に訪ねた東寺の写真をトリミングしたものですが、昨年は東本願寺の別邸である渉成園などを、一昨年は大覚寺などを楽しみました。

今回は、家内のリクエストである『修学院離宮 』の参観予約が叶ったので、それを主目的 として京都の春を巡ってみました。

修学院離宮は、比叡山の麓、東山連峰の山裾にあり、後水尾天皇(ごみずのおてんのう)が位を退かれ、上皇となられて30年を経た1965年に造られた上皇の離宮で、85歳で崩御になるまでの20年ほどは、ほとんど毎年1〜3度、清遊されたそうです。

上の写真は、上・中・下の三つの離宮のうちの中離宮にある客殿の説明ををうけている様子です。

下の写真は、上離宮の隣雲亭(りんうんてい)からの眺めで、浴龍池(よくりゅうち)を眼下に収め、北山や西山の峰々を借景とした雄大で素晴らしい景色に、感嘆の声を発しない参観者はいませんでした。

画像画像
上離宮の隣雲亭からの眺望


山裾に点在する三つの離宮は、下の御茶屋、中の御茶屋、上の御茶屋と呼ばれてきたそうで、その間は水田を取り込んだ田園風景を楽しめる畦道だったが、明治天皇の行幸に際し、三つの離宮は、松並木の道で結ばれ、馬車が通えるほどの苑路に拡げられたそうです。(写真下参照)

画像
松並木の道(怪人?は、参観者に同行 し、
不正行為を監視する皇宮警察本部の係員)


下離宮の壽月観(じゅげつかん)は1,824年に改造されて今日に伝えられるそうだから、190年余り前に造られた こけら葺き数寄屋造りですが、「壽月観」の扁額は、後水尾上皇の宸筆だそうです。(写真下参照)

画像
壽月観の一間


壽月観の前庭は、高低差に富んだ地形を利用して遣水が曲折 して流れ、その水音と、優れた意匠の燈籠などが印象的で、とても癒されました。

画像
壽月観の前庭


中離宮にある客殿(トップの写真参照)は、修学院離宮の建築物の中ではひときわ華麗かつ豪華で、一の間中央に霞棚(かすみだな)と呼ばれる違い棚があり、桂離宮、醍醐三宝院の棚と共に天下の三大名棚として有名だそうです。(写真下参照)

画像
天下の三大名棚として有名な「霞棚」


また、濡縁の西側 と北側に巡らされた高欄の模様は、乱菱となっており、これは岸辺に干してある網を図案化したもので、「網干の欄干(あぼしのらんかん)」と呼んで親しまれているそうです。(写真下参照)

画像
客殿の濡縁に施された「網干の欄干」


上離宮にある隣雲亭は、ここで最も高い位置にある茶室で、雲に隣する亭の名にふさわしく、上離宮の大半の面積を占める浴龍池の並木道側(上の二枚組の写真参照) から眺めると、こんな感じです。(写真下参照)

画像
遠方からの隣雲亭


浴龍池は、地形を利用して堤防を築き、谷川の水を集めて造られていますが、その土手や石垣を隠して自然に馴染む景観にするため、多くの低木を混植して曲面と平面を織り込んで刈り取ったいわゆる大刈込も一見に値します。
桜の木の向こう側が浴龍池です。(写真下参照)

画像
曲面と平面で刈り込まれた大刈込


浴龍池の周囲も歩きましたので、主なポイントを撮ってみました。(写真下参照)

画像
千歳橋(ちとせばし)


画像
御舟宿(おふなやどり:御舟遊びの舟を格納する小屋)


画像
御舟宿と土橋の遠景(手前にむりやり桜を入れてみました(笑))


画像
舟着き場(中島と千歳橋が眺められます)


現在の修学院離宮の面積は545,000uだそうですから、東京ドームのグラウンド約42個分の広さです。

今回は、修学院離宮の参観許可日の関係で、例年の桜の時期より一週間ほど遅い旅程でしたが、桜の開花と見頃がずれ込んだのが幸いして、洛中、洛東などでも満開の桜を楽しむことができました。(^^♪

記事が少し長くなりましたので、それらは、<つづく>に・・・、しかし、桜の写真は、今でしょ!と云うより、 “京都の桜” では、むしろ時期を逸している気がしないでもないので、<おまけ>として載せることにしました。(笑)


<おまけ>

画像
金戒光明寺の山門と桜


画像画像
真如堂の本堂と三重塔


画像
石川丈山の寺・詩仙堂の庭園


画像
祇園白川・巽橋(たつみばし)の桜
今年は、ここの桜ライトアップは観光客の増加で中止だそうで、昼間に・・・(笑)


画像
満開の枝垂れ桜巽橋着物姿の女性 を一枚に



哲学の道の桜(写真を絵画風にしてみました)



最後までご覧いただきありがとうございました。




    
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 146
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内ウェブ検索

修学院離宮を参観 ロボットのつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる