東京国立近代美術館へ

画像


大回顧展「平山郁夫 -祈りの旅路-」と題した作品展が東京国立近代美術館で開催(9月4~10月21日)されているので、散歩がてら家内と出かけてきました。

“散歩がてら”では、画家に対して失礼なのかも知れませんが、私たちの絵心の程度を分かって頂くには持って来いの用語なので勘弁してもらいましょう。(笑)

そして、TVでも「○○散歩」といったタイトルで見どころを紹介する番組があるようですから、読者の皆さんにも遠回りになることをご了解して頂きたいと思います。

場所は、皇居の北桔橋門(きたはねばしもん)の近くで、最寄の駅は東京メトロ「竹橋駅」ですが、我が家から電車を乗り換えないでこの美術館の近くまで行くには「飯田橋駅」までが最短ルートです。

と、いうことで、“散歩がてら”ですので、「飯田橋駅」から歩くことにしました。
15~20分程度ですが、以前の記事「妻の定年!?」で歩いた神楽坂を背にして早稲田通りを靖国神社方面へ・・・、少し歩くと小学校、中学校、高等学校そして大学と、それぞれの建物を左右に見ながら、両側に街路樹のある道へと進んで靖国神社の鳥居の前を過ぎると、靖国通りに出る。

ここで横断歩道の陸橋を渡ると北の丸公園の田安門が正面に見える。
ここまで来たとき、以前にこの記事でここの陸橋から眺めた昭和館をご案内したことを思い出したので、忘れずにリンクさせました。(笑)

田安門から北の丸公園に入ると、直ぐ左が日本武道館、、きょうは警察官柔道・剣道全国大会が開催されていた。

この時期になると、直ぐ近くにある警察病院では、柔道着の飛び入り外科患者の姿を見かけることが多くなる?とか。(笑)

北の丸公園の散歩道(写真参照)には、紫色のきれいな花が咲いていた。
帰って調べたら、サルビア・レウサンカという花でした。(写真参照)

画像 画像
北の丸公園散歩道           サルビア・レウカンサ

散歩道をしばらく歩くと、左に科学技術館があり、その先の首都高速道路の上を超えると、皇居の北桔橋門(きたはねばしもん)の前に出る。

ここを左に曲がると、左側が国立公文書館、その隣が目的の東京国立近代美術館です。
大変お待たせしました。(笑)

入場に際しては、このサイトに割引券がありますので、よろしかったらご利用下さい。

さて、絵画鑑賞の感想ですが、先に申し上げたとおりの絵心しか持ち合わせていませんので、多くを語れません。(-_-;)

平山郁夫氏本人の声による音声ガイドの助けを借りて、出世作の「仏教伝来」から始まり、シルクロードを自ら訪ねることによって描いた雄大な歴史画のような表現の絵、そして幻想による描写のいくつもの図、さらに自らが広島の被爆体験者であることからの思いによって描いた「広島生変(しょうへん)図」などを、何とか感動を抱いて鑑賞することができました。(上のパンフレットの写真をクリックすると裏面になりますが、その最下段の中央の絵が「広島生変図」です。)

その昔、カメラが初めて発明されたとき、当時の画家たちは「仕事が無くなる!」と叫んだそうだが・・・
この「祈りの旅路」では、カメラでは撮ることのできない心の表現(平和への願い)がそれぞれの作品の根底にあることを何とか理解することができました。

画像帰りには神楽坂の甘味処「紀の善」(写真参照)で一休みして喉を潤しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月14日 05:51
おはようございます
東京国立近代美術館へ行かれたのですね
平山画伯の素晴らしい絵を私も何度か拝見すろことができました その度に大作の蒼色に心引かれて見ていたものです 何度見ても感動をいただきました。 
ロボット
2007年10月14日 06:10
kumiさん
おはようございます。
>平山画伯の素晴らしい絵を私も何度か・・・
:そうですか、やはりあの大作には心をひきつけられますよね~。
kumiさんは随分お早いんですね!、びっくりです。(@_@)
2007年10月14日 13:39
こんにちは、
平山画伯と言えば古代ロマンのシルクロードですね。美術展で時々拝見できますが、このように一同の大回顧展をご覧になったとは羨ましいです。
東京国立近代美術館が出来てすぐの頃、上京の折友人と竹橋で待ち合わせて行きましたが、何を観たのかさっぱり思い出しません。飯田橋から散策素敵ですね。
2007年10月14日 17:45
つくしさん
こんばんは。
>平山画伯と言えば古代ロマンの・・・
:そうなんですね。今回は八十数点の作品が四章に区分された大回顧展で、第3章がシルクロード、第4章が平和への祈り、だったんですが、私は、やはりこの後半の章に、より感動を覚えました。
つくしさんもいらっしゃったことがあるんですね!、、家内は歩くことを苦にしませんので、ときどきこんな散歩を楽しみます。(^^♪
ひまおやじ
2007年10月14日 22:25
こんばんは。
>私たちの絵心の程度を分かって頂くには・・・ご謙遜です。
>この「祈りの旅路」では、カメラでは撮ることのできない心の表現・・・このように,ロボットさんご夫婦は絵のなんたるかを十分わかっておいでです。
 楽しい道行き(笑)を,ありがとうございました。
2007年10月14日 22:36
こんばんは~

北の丸公園、子供達が小さいころは毎年
大きくなってからは、お花見の頃、夫と行っていました
最近はあちらに足を向けることもなくなりましたが
都心にありながら、けっこうな自然ですよね~♪

美術館の魅力もさながら
甘味処が更に魅力ですね(笑)
10月21日までではいけそうもありませんので
せめてサイトでも覗いておきましょう(*^-^*)
2007年10月15日 06:54
おはようございます。
いいえ、謙遜ではなく真実です~!!(強調)、、ですから我われは絵画鑑賞のたびに音声ガイドを借用して何とか理解している状態です。(-_-;)
>楽しい道行き(笑)を・・・
:アハハ、そのように読んで頂きましたか!、さすがひまおやじさん。
2007年10月15日 07:05
yumekoさん
はようございます。
北の丸公園は、yumekoさんの若い頃(おっと!今でもそれなりに若いか!(笑))のお馴染みの場所だったんですね~。ハイ、都心にこんなに緑があるんですから・・・
>甘味処が更に魅力・・・
:ここは、女性に人気で、男性が入るにはチョット勇気が必要です(笑)
2007年10月15日 08:36
芸術の秋ですね。・・「食欲の秋」第一の私には、ちと縁が薄いのですけど・・。
でも、東京には一流の画家の美術が集まっていて、ちょっとお散歩がてら行けるのは、本当に羨ましいです。
平山郁夫の作品には、壮大なロマンを感じますね。
2007年10月15日 09:20
けっこちゃーんさん
おはようございます。
>・・・縁が薄いのですけど・・。
:いいえ、けっこちゃーんさんの絵を拝見するととてもそうは思えません、、やはり芸術だと思いますが~!。(^^♪
>・・・東京には一流の・・
:そうですね!、そのぶん静寂を探すのに苦労します。(笑)
けっこちゃーんさんは、気楽に東京の美術展を鑑賞されていたと記憶しているのですが、違ったしょうか?
2007年10月15日 21:32
近代美術館…竹橋からが最短距離と思っていましたが 少々遠わりでもロボットさんご推薦コースもいいですね
スケールの大きい平山画伯の絵は好きです…が 今回は秋の行事がたてこんでいるため時間的に無理かな~(フェルメール展や落語 旅行等など)秋は忙しいですね  甘味処「紀の善」さんにも時々お邪魔していますよ~
2007年10月15日 22:11
メダカさん
こんばんは。
>・・・ご推薦コースもいいですね
:ハイ、散歩気分を味わうのであれば、緑の散歩道を歩けますし、途中で青森県の物産センター(警察病院の前)も覗けます。
>スケールの大きい平山画伯の絵は好きです…が 今回は・・
:ほんとうにスケールが大きいので、観ていても気持ちがいいですね。。あら!、メダカさんお忙しいですね~、「日展100年」展へ行ったときにフェルメール展のチラシを頂いたのですが、こちらはダメなので、メダカさんにお任せします。(笑)
「紀の善」には行ってますか!、私は家内と一緒のときだけですが味はいいですよね。
2007年10月17日 09:59
 おはようございます
 ロボットさんご夫妻と勝手にご一緒させていただき、大都会の真ん中を散策させていただきました(笑)。お二人でよい時間を過ごされましたね~。
 私も絵心がありませんがパンフレット裏面の砂漠を行く隊商の風景は素晴らしいと感じました!
2007年10月17日 21:50
時さん
こんばんは。
今朝いただいたコメントに今頃のお返事で申し訳ありません。<(_ _)>
まだ、なかなかリズムが戻りません、、1年近くコメント欄を閉じてしまうとダメでね!
>・・・勝手にご一緒させていただき・・・
:そのような気分で読んで頂きうれしいです。(^^♪
もし、四国遍路の旅の記事で拝見したご立派な体格の時さんが一緒でしたら、ヒョロヒョロの私は跳ね飛ばされているかも知れません。(笑)
>お二人でよい時間を・・・
:ハイ、絵を見るときは別々になりますので、一緒は散歩のときだけです。
>・・・砂漠を行く隊商の風景は素晴らしいと感じました!
:ハイ、確かにこの絵は大作で素晴らしかったです。
らくだの一行が進んでいるのは、中国で火州と呼ばれ、大地の温度が70~80℃にも達するという灼熱のトルファンだそうです。
2007年10月19日 01:04
お久しぶりです。
少し出遅れてしまいました(;一_一)
ロボットさんがコメントを受け付けていることを前前記事で知ったんですが、このところ忙しい日々を送っていまして・・・
泣く泣く・・・
平山郁夫さんの近代美術館私も行ってきました。
シルクロードのシリーズの絵が大好きで、複製画ですが集めました。
そんなこんなで見に行ってきた次第です(笑)
遅くなりましたが、「お帰りなさい」
少し違ったかしら?
2007年10月19日 21:13
ろこさん
おはようございます。
ご無沙汰しておりました。
コメントを再開してもリズムが戻っておりません。
お越し頂いてうれしいです。
>平山郁夫さんの近代美術館私も・・・
:そうでしたか、とても素晴らしかったですよね。
複製画も手に入れられましたか、、シルクロードのシリーズは私も感動しました。
ハイ「ただいま!」
今後ともよろしく。

この記事へのトラックバック