「坂の町・江戸東京を歩く」・・・

画像

"この木なんの木、気になる木~♪”といえば、TVでおなじみのCMソング「日立の樹」(作曲:小林亜星)を思い浮かべますが、あの樹は全て日本で撮られたものではないそうですね。

 それでは上の樹、なんの木でどこにある木かお分かりですか?(答えは、上の写真をクリックしてみて下さい。)

 この樹と「日立の樹」とは何の関係もありません。(笑)
 前回の記事で、東京国立博物館の薬師寺展を出た後に散歩をしたと申し上げましたが、ここがそのスタート地点であり、この樹の花をゆっくり眺めたことがなかったので、カメラにおさめたのです。

画像
 あらためてどこを散歩?と云わなくても、上野公園内を歩けばよかったのですが、実は、先日買い求めてツンドク(積読)となっていた「坂の町・江戸東京を歩く」【著者:大石 学】(写真右参照)をめくってみたら、この近くに「寛永寺坂」があることを知ったので、そちらを歩いてみることにしたのです。

 この本は、江戸・東京各地の坂を取り上げ、坂の名前の由来や、坂にまつわる歴史、事件・出来事などが解説されており、面白いと感じて、ついでに買ったものです。

 この本の書き出しを紹介すると・・・
「東京の町を歩いていると、意外と坂が多いことに気がつく。たとえば、JR山手線の田端駅から上野駅をへて品川駅にいたる間、線路の西側は台地が続き、東側は低地となっている。
 江戸時代、この台地上は「山の手」と呼ばれ、武士を中心とする生活空間となっていた。「江戸っ子」の多くは下町に住んでいた。そして、山の手と下町の二つの空間をつなぐのが、江戸・東京の坂であった。・・・」

 そして、「寛永寺坂」のページを広げてみると、地図も記載されてましたので、これをご覧いただき(写真下参照:拡大できます)、以下詳述を省略して、散歩で出合った風景などを写真で紹介しましょう。

画像


 博物館を出て芸大方面へ向うと、すぐ右手に大名屋敷の格式をよく伝える「旧、因州池田屋敷表門」(重要文化財)が目に入る。(写真はこの記事を参照下さい)

 芸大の前まで来ると、こんな古い建物(2004年に廃止された京成電鉄の「旧、博物館動物園駅跡」)が目につく(写真下参照)。
 ロボットが、わざわざ横断歩道をわたってカメラにおさめようとすると、家内は何食わぬ顔で、他人の素振り。(笑)

画像


 ここを右に折れると、車道は一方通行路でクルマは少なく、博物館の法隆寺宝物館の裏手になるので静かな心地よい歩道となる。
 しばらくして左に折れると、言問(こととい)通りへ出る道を歩くことになるが、右手は間もなく東叡山寛永寺(写真下参照)の前にさしかかるので、おのずと足が止まる。

寛永寺は、江戸時代、徳川家康から家光までの三代にわたって将軍の側近として仕えた天台宗の高僧天海によって創設された寺院であることが、この本にも記されている。

画像


 御参りをして境内の掲示板に目をやると、ありがたいお言葉(写真下参照:日が傾いて・・・)が目に留まったので、記憶に頂いて先を急いだ。

画像


 言問通りをしばらく歩くと、左手が谷中霊園に近いことから徳川慶喜の墓地が左に折れて直ぐであることを示す立札が目についたが、こちらもボチボチ寛永寺坂に近いので直進すると、右手の掲示板に「寛永寺坂」の表示を発見したので、いつの間にか歩いてしまったなだらかな坂道を振り返った。(写真下参照)

画像


 帰り道は、路地を通って引き返すと、いい香りの花に出合い、その家の人と話ができたので写真を撮らせて頂いた。(写真下参照)
 花の名前は「テイカカズラ」、この種が、鎌倉時代初期の歌人 藤原定家が愛した式子内親王の墓石にまとわりついていたことから、この名がついたとか。

画像


 最後に出合った花も歴史にまつわるお話になって、薬師寺展のおまけとしては、いい散歩となりました。
 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月22日 06:30
 おはようございます
>「坂の町・江戸東京を歩く」・・・
 :いや~ 格調高い”ロボット流江戸歩きレポート”を楽しく拝見しました。流石にお江戸は政治文化の中心であるだけに、名所、旧跡が多いですね。以前司馬遼太郎の本に「自分は東京の地図は頭の中に入っている。でも、それは400年前の江戸の地図だ!」との記述があるのを思い出しました。こんな風にお江戸を解説してくれると、一段と街中の散策が楽しくなりますネ!
 最後の甘い香りは”テイカカズラ”ですか~ 先日夜の散歩を家人としていて、甘い香りがしていたものの正体がわかりました。 
2008年05月22日 07:44
おはよございます。
コメントありがとうございます。
お褒めを頂いたり、喜んで頂いたりでこれ以上のコメントはございません。
>以前司馬遼太郎の本に・・・
:そうですか!、当人らしいですね~、、最近は江戸の地図に人気があるそうで、現地図と重ね合わせることができる地図の本が売られているようです。池波正太郎が歩いた道を歩く・・のような散歩本もあるようです。
時さんも奥様と散歩をなさっているようですね!、、同じ香りを嗅いでいたとなると、思いがけないことですね~(^^♪
片靴
2008年05月22日 09:55
○○坂というのをよく聞きますが。歩いていて「坂」と気が付くことは、滅多に、いや全くありませんでした(^^)
個人の生活臭のない家並みが続いていたり、広い舗装道だったりするからでしょうか。それとも、買い物か、映画を見るためだけに出掛けていたからでしょうかねー。自分でも不思議です。
そこの歴史や、文人など昔の人の関わり等を知ってしまうと、坂が鮮明に見えてくるかもしれません。
2008年05月22日 10:34
片靴さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
街並みでの「坂」はほとんど気がつきませんね~。
でも、いつだったか坂の途中で坂の名と由来がが記載された支柱状の道標を発見してから関心を持つようになり、「坂」に出あうと足を止めます。(笑)
2008年05月22日 10:47
あらー、懐かしいですねえ。ヒゲおやじは逆のコースを歩きました。谷中霊園を抜けて徳川慶喜の墓所を見て、寛永寺坂から寛永寺、池田屋敷跡、東京国立博物館から不忍池、西郷さんにご挨拶してアメ横まで、かなり疲れました。
寛永寺はもっと大きなお寺を想像していたので、意外にも小さいのにビックリしました。
この木何の木の傘のでかいヤツは、ハワイの海軍記念病院の前庭にあります。ネムノキの一種だそうです。実物はものすごく大きかったですよ。
2008年05月22日 11:56
ヒゲおやじさん
こんにちは。
>あらー、懐かしいですねえ。・・・
:そうでしたか!、、ずいぶんお歩きになりましたね~、健脚のヒゲおやじさんでもお疲れになったでしょう。(笑)
>寛永寺はもっと大きなお寺を想像していたので・・・
:明治維新以前の焼失してしまう前は広大な寺域を形成していたようですね。
日立の樹のハワイ版はご覧になっているのですか、、歴代の樹の撮影権だけでも数千万円をかけているそうですね!
2008年05月22日 13:02
今日は まだ短い行列(笑)だから よかった!! 次回東京に行くのは こういう歴史回りしたい~。東京って どうも 大都会で ショッピングしか 楽しみが ないというイメージだからね~ 外人の友達にも 教えれるし これからも いろいろな歴史跡教えてくださいね~。 友達に 自慢できるもんね~。ちなみに 父は 大阪の地図なら 持ってるんですよね~。 
2008年05月22日 14:11
♪この~~きなんのき~~♪だけで、日立を想像しますから、すごいことですね。日立に勤務している方に聞きましたら、昼休み時間が終わるとこの曲がかかるとか~。本当かなぁ~?「テイカカズラ」の名前は鎌倉時代の後についたのですね^^
2008年05月22日 14:14
この木なんの木気になる木~♪
つい口ずさんでしまう歌ですね
東京と言えば大都会東京をイメージしていますがこんな所もいいですね
なだらかな坂なら歩いてもそんなに疲れませんよね ガイドブックを片手に歴史の勉強もいいですね 最後に出会った花は香りもよくてお話も聞けて楽しい日となりましたね
奥様の他人の振りは分かりますよ 私の場合は
思いっきり大きなくしゃみがでたときなどは
よく他人の振りをされます。
2008年05月22日 15:51
ロボットさん今日は。
今日の私の大きな収穫
それは「テイカカズラ」の花名の由来です。
変わった名前だなといつも思っていたんですよ。
それにしても、種が鎌倉時代初期の歌人 藤原定家が愛した式子内親王の墓石にまとわりついていたことから・・・とはなんとお手軽に名前をつけたものですね。
でも花名ならずとも名前の由来はそんなものなのでしょうね。
この木なんの木気になる木~のお話かと思ったらとんでもありませんでしたね。
あの木はハワイにありますよ。(笑)
東京の街は坂が多いですか?
余りにも広くて私の中では平たんな場所しか思いあったらないんですが・・・
そうなのかも知れませんね。
2008年05月22日 16:24
cookieさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
>今日は まだ短い行列(笑)だから よかった!!
:早くお越し頂いてありがとうございま~す(笑)
>次回東京に行くのは・・・
:そうですね!、東京はショッピングも楽しいでしょうが、歴史的なモノをご覧になるのも楽しいですよ!(^^♪
お友達も喜ぶと思います。
ロボットも"東京の田舎っぺ”なので、勉強中ですが・・・
>父は 大阪の地図なら・・・
:cookieさんは関西のご出身でした?ね!
2008年05月22日 16:36
湖のほとりから・・・さん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
>♪この~~きなんのき~~♪だけで、日立を想像しますから、すごい・・・
:そうですね!、CMの力はすごいですね~!
>日立に勤務している方に聞きましたら、昼休み時間が終わるとこの曲がかかるとか~。
:そうですか!、、本当かも知れませんよ~、系列会社の社員とその家族だけでも百万人を越える計算になりますから意識効果はばかになりません。
>「テイカカズラ」の名前は鎌倉時代の後についたのですね^^
:そういうことになりますね~(笑)
2008年05月22日 16:44
kumiさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
>この木なんの木気になる木~♪ つい口ずさんでしまう歌ですね
:そうですね!、、皆さんとお話が直ぐ通じてしまう点もいいですね~♪
>東京と言えば大都会東京をイメージしていますがこんな所もいいですね
:最近は「江戸を歩く・・・」というような散歩の本が沢山出版されるほど人気なんですヨ~(^^♪
>なだらかな坂なら歩いてもそんなに疲れませんよね・・・
:ハイ、年寄りはなだらかな坂がいいです。
>最後に出会った花は香りもよくてお話も聞けて楽しい日となりましたね
:ハイ、おまけにしては上出来です。(笑)
>奥様の他人の振りは分かりますよ 私の場合は思いっきり大きなくしゃみがでたときなどは
よく他人の振りをされます。
:アハハ、ご経験がおありですか!、それなら話が早いです~(笑)
2008年05月22日 16:48
ふぁ~~~~、ユリノキってはじめて見ました。花が咲いてたらよかったですね(#^.^#)私も薬師寺の日光月光両菩薩のなまめかしい腰のラインを後からじっくり拝見したかったのですがテレビだけで我慢。。。(-_-;)
あのぉ~鶴の栞は何かいわれでもあるのでしょうか?ピカッと何か言いたげですが(笑)坂に反応しなくてすみませんm(__)m
テイカカズラは定家から取ったんですかぁ~ヘェ~~~~また一つ良い事を聞きました。じゃあスイカズラ(隣の奥様が雑草と知らずに植えてました)は?スイカから?なんてことは無いですね(笑)失礼しました~~~~m(__)m
2008年05月22日 16:56
ろこさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
>・・・それは「テイカカズラ」の花名の由来です。・・・
:そうでしたか!、、ろこさんに喜んで頂いて、それはロボットにとっても大収穫です~(^^♪
花図鑑で確認して記事にしておりますので、大丈夫ですよ。
>それにしても、種が鎌倉時代初期の歌人 藤原定家が愛した式子内親王の墓石にまとわりついていたことから・・・とはなんとお手軽に名前をつけたものですね。
でも花名ならずとも名前の由来はそんなものなのでしょうね。
:そうですね!、、花図鑑などを見ていてもそのような由来がけっこうありますよね~!
>この木なんの木気になる木~のお話かと思ったらとんでもありませんでしたね。
:アハハ~、ごめんなさい。「テイカカズラ」で帳消しです。(笑)
>あの木はハワイに・・・
:そうだそうですね!、、ヒゲおやじさんからも教えて頂きました。
>東京の街は坂が多いですか?・・・
:普段気がつきませんが、本を読むとなるほどといった感じですね!(@_@)
2008年05月22日 17:32
patyokoさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
>ふぁ~~~~、ユリノキってはじめて見ました。・・・
:そうですか!、貼り付けた甲斐があります~。でも、花は咲いているのです。もう一度見て下さい。
>・・・なまめかしい腰のラインを後からじっくり拝見したかった・・・
:そうでしたか!、腰のラインは男性必見用だそうです~(笑)
>あのぉ~鶴の栞は・・・ピカッと何か言いたげですが(笑)
:よくぞ気がついて下さいました~(笑)、、北海道釧路湿原を旅したときの記念品ですが、わざわざUPする代物でもないので、さりげなく・・・、ピカッと(笑)
>坂に反応しなくてすみませんm(__)m
:坂に反応すると転んで腕を骨折するかも・・・(笑)
>テイカカズラは・・・また一つ良い事を聞きました。
:喜んで頂いて、嬉しいです。(^^♪
>じゃあスイカズラ・・・は?
:スイカズラも甘い香りがする花ですよね!、あれは基部に蜜があり、吸うと甘いことから「吸葛」という名前がつけられたそうだから、そこらあたりから来ているかもしれません。これホント!(笑)
2008年05月22日 20:05
こんばんは~
今日は夏陽気でしたね
でも風が気持ちよくお散歩には適した日和ですよね~

お~~~~ユリの木ですね
私が始めて見たのは深大寺植物公園の中でした
木の上にオチョコが置いてあると思ったものです(笑)
それこそ「気になる木」でした(笑)
そうですか上野公園にもあるのですね~

山の手と下町を結ぶ「坂」
面白いです、そんな散歩、私もしてみたいけど
なかなか出来ないですね(^^ゞ
2008年05月22日 20:18
yumekoさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
ホントにきょうは暑いくらいでしたね~、、風は気持ちよかったです~♪
この時期お散歩には最適ですね!
深大寺植物公園にもユリノキがあるんですか!
>木の上にオチョコが置いてあると思ったものです(笑)
それこそ「気になる木」でした(笑)
:ウマイ!、山田君~座布団3枚!!(笑)
>山の手と下町を結ぶ「坂」
面白いです、そんな散歩、私もしてみたいけど
なかなか出来ないですね(^^ゞ
:"老いてこそ人生”です。yumekoさんは未だ若いからもう少し我慢しなさい。(笑)
2008年05月22日 23:06
こんばんは、
なんと大きな樹ですね、なんの木?ちょつと 
ポチして~モクレン科のユリノキですか、
この木に花が咲くと見事でしょうね
見てみたいですね、東京と言えば賑やかな
大都会を想像するのですがこんな散歩に
いい坂の町があるのですね、 
ロボットさんのレポートで綺麗な画像を 
みながら山の手と下町をつなぐ阪の町江戸 
東京を散歩している気分で楽しかったです
又見せて下さいね(*^^)v
2008年05月23日 06:21
ひまわりさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
>この木に花が咲くと見事でしょうね
:ひまわりさん、ごめんなさいね!、、写真の貼り付け方が悪かったので、花をご覧になり難かったかも知れません。(ーー;)
>大都会を想像するのですがこんな散歩にいい坂の町があるのですね・・・
:ハイ、最近は「江戸を歩く・・・」といったタイトルの本にも人気があって、昔を懐かしむ散歩が静かなブームかも(^^♪
ひまわりさんにも楽しんで頂いて記事アップの甲斐がありました。うれしいです。(*^^)v
2008年05月23日 12:00
私も栞に目が留まりました。「いい栞だな!」。でも「何の栞だろう?」。と思ってしまいました。ダメですね。そうか「鶴」なんですね。京成の駅跡は私も歩いていて気になった記憶があります。散歩はいいですね。歩くといろんな発見があります。会社勤めをしている頃に、通勤電車の路線を全部歩いたことがあります。この記事の辺りですと、地下鉄千代田線の駅と駅の間を歩きました。下町の雰囲気がいいですね。
2008年05月23日 19:15
こんばんは
先日、広報のようなものに 
「意外に多いい東京の坂のある町」と言う記事が載っていました
何気なく暮らしているけれど 
あそこにも ここにも…名のある坂が多いのに驚いたんですよ…
「そのうち歩いてみたいね~」
と言いつつ、すっかり忘れていました
ロボットさんの散策と名解説で、改めて歩いて見たくなりました
上野から谷中への道も思い出したように時には歩きますが 「テイカカズラ」の由来は知りませんでした この時期 良い香りで咲いていますよね

 
2008年05月23日 20:51
ユリノキの花、今咲いていますね、伊豆で大木を見ました。チューリップツリーとも言うそうです。
日立の木はオアフ島にある木だと聞きました。
予備知識を得て街歩きをすると意義深いものになりますね。
2008年05月23日 21:37
ダンダンジュウロウさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
>私も栞に目が留まりました。・・・
:そうでしたか!、本を広げただけでは殺風景なので、北海道釧路湿原を旅したときに買ったお気に入りの丹頂鶴の栞を置いてみました。(笑)
>京成の駅跡は私も歩いていて気になった記憶があります。・・・
:そうでしたか!、ハイ、歩くといろんな発見がありますね。
通勤電車の路線を全部歩いたとは驚きです。
>この記事の辺りですと、地下鉄千代田線の駅と駅の間を歩きました。下町の雰囲気がいいですね。
:そうですか!、ハイ、下町は路地の風景が好きです。(^^♪
2008年05月23日 22:05
メダカさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
>先日、広報のようなものに「意外に多いい東京の坂のある町」と言う記事が・・・
:そうですか!、メダカさんとロボットは考えていることが一緒になることが多いですね~、、気が合うのかしら!?(笑)
いつかある日、散歩でバッタリ・・・、な~んてことはないですよね!(笑)
>上野から谷中への道も思い出したように時には歩きますが・・・
:この辺りを歩いたメダカさんの記事がなかったかしら?
>「テイカカズラ」の由来は知りませんでした この時期 良い香りで咲いていますよね
:そうでしたか!、記事にしたタイミングがよかったようですね!(^^♪、、ハイ、甘い香りといったらいいんでしょうか。
2008年05月23日 22:15
ミニミニ放送局さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
>・・・伊豆で大木を見ました。
:そうですか!、今がちょうど咲く時期なんですね。
>チューリップツリーとも言うそうです。
:そのようですね!、写真の説明にも書いてありましたね。
>日立の木はオアフ島にある木だと聞きました。
:ハイ、みなさんに教えて頂いて感謝です~(^^♪
>予備知識を得て街歩きをすると意義深いものになりますね。
:そうですね!、、ロボットの場合は、"東京の田舎っぺ”のように、余り知らないものですから、本が頼りです。(ーー;)
ろこ
2008年05月23日 22:57
事後承諾でお願いします。
「テイカズラ」リンクさせて頂きました。
ダメと言われてももう遅い・・・。(^-^)
2008年05月23日 23:06
ろこさん
こんばんは。
あ~ぁ!、遅かった~(笑)
テイカズラをきれいに撮られましたね~(@_@)
花びらがねじれて、卍の形になるのが特徴のようですね!、、ろこさんのは、素晴らしいです。
素晴らしい写真とリンクされて光栄です。(^^♪
有縁千里
2008年05月23日 23:37
ロボットさん
こんばんは
ロボットさんらしい如何にも几帳面なレポートに感じ入りました。
私は実際に歩いたことはありませんが、先日読んだ、吉村昭【彰義隊】によれば、この辺りが詳しく書かれておりましたし、上野の山も寛永寺も全て燃えてしまったそうです。
【ゆりのき】、私は知っていましたヨ。ウチの近所の並木がユリノキばかりですから。
2008年05月24日 07:29
有縁千里さん
おはようございます。
コメンとありがとうございます。
>・・・几帳面なレポートに感じ入りました。
:そんなことありませんが、有縁千里さんにそう言って頂くと嬉しいです。(^^♪
>先日読んだ、吉村昭【彰義隊】によれば、この辺りが詳しく書かれておりましたし、上野の山も寛永寺も全て燃えてしまったそうです。
:そうですか!、ハイ、この本にもそのことが述べられていました。
「寛永寺坂」は、彰義隊の兵火によって焼失した寛永寺の再建後に寛永寺に付随して名づけられたと書かれています。
>【ゆりのき】、私は知っていましたヨ。ウチの近所の並木がユリノキばかりですから。
:そうですか!、珍しいのでしょうか!?
2008年05月24日 10:19
住居表示がすっかり変わった現代において、坂の名前はほとんどが残っているでしょうから、歴史をたどるには格好の素材かも知れません。
でも坂自体がなくなったところもあるでしょうね。
最初のユリノキは見事な大木。ちょうど花が咲いていたのですね。
2008年05月24日 11:08
こもれびさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
歴史的にもいわれのある地名にまつわる住居表示を変えてしますのは考えものですね~。
確かに坂の名前までは変えないでしょうから、昔を訪ねるのに好都合と考えられますね~(^^♪
大規模な区画整理などがあるとなくなる坂も出てきますね。
話は違いますが、日本橋の上に被せるように道路を造ってしまった役人のセンスを、作家の池波正太郎氏が嘆いたいました。
ユリノキは何度も見るのですが、花が咲いているのは初めてだったので、撮ってみました。
2008年05月24日 21:49
コンバンワ~
この木なんの木 気になる木 え”違うみたい やっぱり関係なかったんですね それにしても東京の街中で大きくなったものですね きちんとしたゆらいをお持ちの大木だったのですね
いろいろ教えていただきました  花の咲くころに遭遇してラキーでしたね
2008年05月24日 22:00
グランドマザーさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
ユリノキは幾つか見ておりますが、このように大きな木はここの場所以外では見ていません。
花が咲いたのを見るのは今回が初めてで、ラッキーでした。
2008年05月24日 22:35
ロボットサンはいろいろな本を見て散策していますね。この木何の木はやっと分かりました。人の名前から名づけられているのですね。藤原定家からですか、勉強になりました。
2008年05月24日 22:35
ロボットサさんはいろいろな本を見て散策していますね。この木何の木はやっと分かりました。人の名前から名づけられているのですね。藤原定家からですか、勉強になりました。
2008年05月25日 07:42
野次喜多日記さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
ハイ、東京をよく知らないので本を見て歩くことが多いですが、予備知識があると楽しめますね。
記事の最初と、最後が木の名前にまつわる話になってしまいました。(笑)
それぞれ勉強になったとのこと、嬉しいです。(^^♪
ひまおやじ
2008年05月29日 20:58
こんばんは。
 上野のこのあたりは自分も好きなところで、年に何回かは出かけます。谷中の墓地、朝倉彫塑館、上野桜木町・・・ゆかしく楽しいとこですね。
 心筋梗塞の記事、読ませていただきました。自分も検査の結果、一部詰まっているところがあると言われています。いろいろ薬も飲まされ、筋トレにも精を出してます。まぁ、あせってもしょうがないのでボチボチやっていきます。
2008年05月29日 22:32
ひまおやじさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
>上野のこのあたりは自分も好きなところで、・・・
:ハイ、「ゴリラの鼻くそ」の記事以来この辺りは、ひまおやじさんのテリトリーとは知っていたのですが、無断で進入しました(笑)
過去記事も読んでいただき恐縮です。
私も薬は続けていますが、食事と歩くことに気をつけるだけで、何とか再発は免れています。

この記事へのトラックバック

  • ルーヴル美術館展とウォーキング(1)

    Excerpt: 先週後半は、家内が友人達と旅行に出かけたので、ロボットは2泊3日の独身生活(?)を謳歌する羽目になった。(笑) そこで、羽を伸ばして「ルーヴル美術館展」の鑑賞とウォーキングのコラボを計画し、その一日.. Weblog: ロボットのつれづれ日記 racked: 2009-04-13 21:13
  • ルーヴル美術館展とウォーキング(2)

    Excerpt: <つづき> Weblog: ロボットのつれづれ日記 racked: 2009-04-17 21:47
  • 特別展「東大寺大仏」―天平の至宝―へ

    Excerpt: “奈良の大仏さま”は、中学校の修学旅行で見学しているし、その後も何度かお目にかかってはいるのですが・・・ Weblog: ロボットのつれづれ日記 racked: 2010-11-25 22:20
  • 散歩と「セザンヌ―パリとプロヴァンス」展

    Excerpt: 先週末は、ロボット(私)が月に一度のペースで出かける<男の隠れ家>へ・・・の日でした。 Weblog: ロボットのつれづれ日記 racked: 2012-05-24 21:08
  • 東京国立博物館の『京都展』を見て来ました

    Excerpt: 台東区上野公園の東京国立博物館で、特別展 『京都 洛中洛外図と障壁画の美』 が開催されています。(写真右参照) Weblog: ロボットのつれづれ日記 racked: 2013-11-02 23:06