お昼休みに坂の町を歩いてみました

ロボットは、通勤の途中でも遠回りをして散歩を楽しむことがあります。

例えばここの記事では、緑のある道を歩いて楽しんだことを書きました。

通勤途中だけでなく、昼休みにも散歩をすれば忠臣蔵で有名な泉岳寺をお参りすることも、この人と会うこともできます。(^^♪

昼休みは、会社の仲間と一緒に食事をすることが多いのですが、きょうは一人で食事をしましたので、気がねなく(ロボットの歳になると歩くのが億劫な方もいらっしゃいますので・・・)散歩の足を延ばし、この記事でご案内した本、「坂の町・江戸東京を歩く」(PHP新書)【著者:大石 学】に、個性的な坂名の気になる坂として掲載されている「伊皿子坂(いさらござか)」という珍しい名前の坂道まで歩いてみることにしました。

場所は、品川駅から徒歩20分程度のところ(下の地図参照)で、泉岳寺の直ぐ近くですので、ロボットが昼食後の腹ごなしには持って来いの距離です。(笑)




画像画像泉岳寺を左に見ながら右に急カーブした坂道を暫らく歩くと、道は緩やかな左カーブに変わり、その先の途中に標識が見えてきました。

デジカメは、ブロガー必携と云われていますが、勤務中の昼休みということで不所持で~す(笑)、、ケータイで撮ったので鮮明ではありませんが、クリックをすると「伊皿子坂」の文字が分かると思います。(写真右参照)
そして、その標識の側面には坂の由来が書かれていました(写真左参照)が、ちょっと分かり難いので、「坂の町・江戸東京を歩く」の本にある解説を引用しながら併せて以下に記述してみます。

「伊皿子坂」という坂名は「伊皿子」という地名によるものであるが、この由来には諸説ある。
菅原孝標(たかすえ)の娘が記した『更級(さらしな)日記』に、「いいさらふ」という武蔵国の地名があるのを初見とする説、また、南方の如来寺に大仏があり、これを「おさらぎ」と読み、それが転訛したとする説などいろいろある。
そのほか、太田道灌関係の記録に「五十子(いさらご)」という言葉が確認されるという。

標識に記された由来(写真左上参照)は、その他のいろいろな説の中で、1909年に報知新聞が取り上げた説を採用し、「いいさらふ」と、大仏(おさらぎ)の読みの説を併記していました。

1909年に報知新聞が取り上げた説というのは、中国大陸が明から清へと王朝が交代する混乱した時期に、日本へ亡命した明人(中国人)がいて、当時の人が外国人を「エビス」、「イベス」と呼んだため、ある明人が帰化して名前を「イビス(伊皿子)」としたことから、それが地名になったというのです。

ところで、坂の名前では、“ブロ友”のろこさんが、乃木坂についての記事を書かれています。
その記事の中で、周囲には坂名を冠した施設があることを述べていらっしゃったのを思い出し、見回してみました。

ありました~(笑)。(写真下参照)

画像画像

おっと!、午後の始業時間に間に合わなくなるぞ~!、、急げ!、急げ!(笑)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



<坂の町に関連する記事>

「坂の町・江戸東京を歩く」・・
ルーヴル美術館展とウォーキング(2)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年04月23日 10:07
イヤー!お昼休みの散歩ですか。さすがです。
私の働いていた頃は、そうか!買い物と洒落こんで急ぎ足で歩いたことでしょうね。
 心がけが見え隠れしたブログアップですね。
標識がぬくもりを感じて嬉しいですよ!
2010年04月23日 13:47
こんにちは~
お昼休みにお散歩ですか、いい事してますね
地名の由来はいろいろな説があって調べると
面白いですよね。
歩いた坂道は伊皿子坂(いさらござか)って
言うのですか泉岳寺、お参りするお寺もあっ
てこんなお散歩道私も歩きたいです。
あっ、ロボットさん時間も気にしながら~
(*^-^)ニコ~♪




2010年04月23日 14:00
ロボットさん
↑あわててポチして空きました
ゴメンなさーい
2010年04月23日 16:17
お昼休みに江戸の歴史散策さすがですね!
拝見していてNHKのブラタモリを思い出しました。
「伊皿子坂」1つでも沢山の説があり面白い。
今昔の由緒ある名前が失われつつあるのはやはり寂しいです。まして横文字名などに変わっては情緒も失われそう!大切に守り伝いたいですね。
2010年04月23日 21:32
和さん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
和さんは、勤務先での昼休みには、買い物で楽しみましたか!、、ロボットの会社でも若い女性は何やら買ってきて口をもぐもぐなさってますよ~(笑)
標識が金属でなくて木製であるところにぬくもりを感じますね!、、同感です。(^^♪
2010年04月23日 21:38
わが仕事場は、神保町・・・時間があると本屋さんめぐりです。

自由になる昼休み、好きな場所をめぐる散歩がなによりですね~
2010年04月23日 21:46
ひまわりさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
>お昼休みにお散歩ですか、いい事してますね
:ありがとうございます。運動にもなりますし、思わぬ発見もありますので、楽しめます。
>地名の由来はいろいろな説があって調べると面白いですよね。
:ハイ、特に坂名は気がつき易いですし面白いです。
この坂道は伊皿子坂(いさらござか)って言うのですが、個性的な名でありながらいろいろな説があって、珍しいですね。
アハハ~、ハイ、お昼休みですので時間も気にしながら歩きました~(笑)
2010年04月23日 21:51
ひまわりさん
↑ご丁寧に頭を下げて頂いたのにうっかりしました。
わざわざ恐縮です。(^_-)-☆
2010年04月23日 22:08
東京は坂の街。そうですねえ、至る所に坂がありますね。ヒゲおやじも大江戸探訪などと称して歩き回ったことがありましたが、富士見坂なんてのがあちこちに。
この辺りも歩いたはずなんですが、気がつきませんでした。その時は坂を意識して歩いていたのではなかったので、気がつかなかったのでしょうね。
昼休みにちょいと歩けるなんていいですねえ。
2010年04月23日 22:10
つくしさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
歴史散策とまではいかないのですが、勤務地の周囲を知っていると何かと話題のネタになりますので・・・(笑)
>拝見していてNHKのブラタモリを思い出しました。
:そうですね!、私もこの番組を見ることがありまよ~、、歴史を振り返る場面がありますね。
>「伊皿子坂」1つでも沢山の説があり面白い。
:ハイ、個性的な珍しい名なので、由来がハッキリしているのかと思ったのですが・・・、面白いですね!。
>今昔の由緒ある名前が失われつつあるのはやはり寂しいです。まして横文字名などに変わっては情緒も失われそう!大切に守り伝いたいですね。
:ハイ、最近は、市町村の合併などにともなって、古来の名前を新しくするなど、おっしゃるようにハイカラな名前にしてしまう傾向がありますね!、、残念です。(ーー;)
2010年04月23日 22:16
リセットさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
リセットさんは、神保町にお勤めですか!、、歩くといっても本屋さんめぐりですか~、、どおりで、よく本を読まれていらっしゃると思いました。(笑)
>自由になる昼休み、好きな場所をめぐる散歩がなによりですね~
:ハイ、腹ごなしには最適ですので、ウロウロしてます。(笑)
2010年04月23日 22:26
ヒゲおやじさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
>ヒゲおやじも大江戸探訪などと称して歩き回ったことがありましたが、富士見坂なんてのがあちこちに。
:アハハ~、ヒゲおやじさんも歩きましたか~、、「大江戸探訪」はネーミングがいいですね!
ここらも歩きましたか~、、以前に品川駅前の写真をいっぱつで言い当てたのには驚きましたよ!。よく歩いた証拠ですね。(笑)
>この辺りも歩いたはずなんですが、・・・
:坂の名前を意識して歩かないと気がつかないでしょうね。
>昼休みにちょいと歩けるなんていいですねえ。
:ハイ、腹ごなしには最適です。(笑)
2010年04月23日 22:53
こんばんは~
お昼休みを利用しての散歩とはいいですね~
そして それをネタにするとは…やっぱりタダものじゃないですね(笑) 私が品川を利用するのは…京急電車乗り換えの通過点なので…品川は全くのオンチです。
でも ロボットさんの道標をたどりながら歩いてみたくなりました。ハイ「伊皿子坂」はっきりと読めました~
今度は 時間を作って(通過点でなく)ゆっくり歩いてみたいです。
2010年04月24日 05:51
 おはようございます
>「伊皿子坂」という坂名は・・・
 :いさらご坂と読むのですね~ 何と読むのか考えてしまいました。その文字を普通に読んで正解とは!やはり中国からの帰化した人物の名に当て字をあてたのでしょうかね~ でも中国人なので漢字の名前を、そのまま名のれば良かったのではとも思います。それにしてもこのシリーズは面白いです!今後も楽しみにしています。
2010年04月24日 07:46
メダカさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
>お昼休みを利用しての散歩とはいいですね~
そして それをネタにするとは…やっぱりタダものじゃないですね(笑)
:いいでしょう!。勤務地がいい所にあります~、、いいえ!、この坂道は有料ではありませんのでタダものです(笑)
メダカさんにとって品川駅は通過点でしたか!、、せめて泉岳寺までは・・・。そう!、旧品川宿の面影を残す道も面白いそうですよ!(泉岳寺方面とは反対方面です)
2010年04月24日 08:02
時さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
時さん、相変わらず早起きですね~。
>その文字を普通に読んで正解とは!やはり中国からの帰化した人物の名に当て字をあてたのでしょうかね~
:なるほど!、中国の漢字は日本の漢字と同じ字でも読み方は違ってくる場合が多いですからね。
当社も中国へ進出する際に社名のカタカナ名を漢字で表記したとき「康(こう)」の字を使ったのですが、中国では「康(かん)」と読むんですね。
時さんのように想像力を発展させると、さらに面白くなりますね!。(^^♪
>それにしてもこのシリーズは面白いです!今後も楽しみにしています。
:ありがとうございます、、ときどき記事にしたいと思いますので、ごひいきにお願いいたします。(笑)
2010年04月24日 22:02
>忠臣蔵で有名な泉岳寺
>「伊皿子坂(いさらござか)」
に思わず反応してしまいました(^-^)
おとーちゃんが出張で高輪のマンスリーマンションに居たとき、何回か追っかけて行って合計60日ぐらい滞在しました。泉岳寺のすぐ近くでした。
地図を見ながらまあよく歩いた歩いた。
江戸~明治~大正~昭和の文学に出てくる地名などが変わることも無く存在することに、妙に感動したものです。
あの近くでお仕事?2003年ごろも同じ職場でした?
だったら出会ってるかもね(^_-)-☆
2010年04月24日 22:54
みけさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
足腰の具合がすこし良くなってきたようでよかったですね~。
>おとーちゃんが出張で高輪のマンスリーマンションに・・・
:そうでしたか!、、世間は広いようで狭い、と言うか、悪いことは出来ない、と言うか不思議な感じがしますね!、、2003年頃も同じ職場ですから、みけさんとロボットは泉岳寺から第一京浜へ出るあたりの道ですれ違っていたかもしれませんね~(笑)
>江戸~明治~大正~昭和の文学に出てくる地名などが変わることも無く存在することに、妙に感動したものです。
:そうですか~、ロボットは昼休みに歩くだけですから、みけさんの方がこの辺りの地理は先輩かもしれません。(笑)
「伊皿子坂」は、港区のタイムカプセルと呼ばれているようですね!。
2010年04月25日 16:06
ロボットさん
ご無沙汰しておりました。
相変わらず丁寧な記事、説明感服しました。
江戸時代には現在のかなり都心地域も海だったそうですね。確かに東京には坂が多いですね。
関西では六甲山を背負った神戸以外の京、大阪、奈良も
ベターッした平地ばかりなので、たまに東京へ行くと
坂の多さを実感します。
2010年04月25日 18:14
有縁千里さん
こんにちは。
こちらこそご無沙汰しておりました。
>相変わらず丁寧な記事、説明感服しました。
:お褒めを頂いてありがとうございます。
見方を代えると、ロボットは理屈っぽく、くどいと言われてしまいますが、性分ですので直りません。(笑)
>江戸時代には現在のかなり都心地域も海だったそうで・・・
:そのようですね!、、この伊皿子坂の辺りからは海が見えたそうで、別名を「潮見坂」と記した例があるそうです。
>・・・東京へ行くと坂の多さを実感します。
:そうですね~、京都、大阪を旅するとそのように感じます。東京の山手線の線路を平坦にするのには大変な苦労があったそうです。
2010年04月25日 22:38
こんばんわ^^
お昼休み 上手に時間を使っていらっしゃいますね 私もNHKのブラタモリをふっと思い出しました 昔の時代に馳せて調べながら歩く ロボットさんらしくてステキです 伊良子坂、そして泉岳寺、名前は知ってましたが 一緒に歩かせていただきました (^^♪・・
2010年04月26日 18:36
こんばんは。
リンクして頂きながら大変に遅くなってしまいました。
ありがとうございます。
ところで「伊皿子坂」を冠名にしたところがありましたね。良かったですね(笑)・・・意味不明なコメント
泉岳寺と言えばいつも通っているのに私にはあくまでも通過点でしかない場所なんですよね。
泉岳寺も地名としてはないんでしたね。
このロボットさんの記事を見た以上は私も通過駅にしていただけでは申し訳ないですね。
いつか下車して町を歩かなくては。
そしたらロボットさんとすれ違えるかな?
なんて期待をしながら。
伊皿子という地名があることも始めて知りましたが、
その名前の由来もはっきりはしていないんですね。
諸説があると言うのは読んでいる私は楽しいんですが。
次回の坂歩きはどこかな?
期待しています。
2010年04月26日 20:47
グランドマザーさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
>お昼休み 上手に時間を使っていらっしゃいますね
:ありがとうございます。
腹ごなしを兼ねて少ない時間ですが子供のように探検?をしています。(笑)
>私もNHKのブラタモリをふっと思い出しました・・・
:グランドマザーさんもブラタモリをご覧になっていますか!、、興味のわく番組ですよね~。
ロボットの記事で一緒に楽しんで頂いたようで、嬉しいです。(^^♪
2010年04月26日 21:03
ろこさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
>リンクして頂きながら・・・
:ご連絡すると、お忙しいところをお呼び立てするようですので、無断でリンクしてしまいました。お許し下さい。
ハイ、「伊皿子坂」を冠したところがありましたよ~。良かったです~!!、、お互いの幸せのために(笑)
泉岳寺を通過点と言わずに下車して歩いて楽しんでください。ホントにロボットとニアミスするかも知れません!(笑)
泉岳寺は、お寺さんと駅名だけだそうです。
「伊皿子坂」は個性的な名前なので、由来もはっきりしているのかと思ったのですが・・・、諸説があるのも推測する楽しみもありますね。
>次回の坂歩きはどこかな? 期待しています。
:ありがとうございます。(^^♪

この記事へのトラックバック