特別展「東大寺大仏」―天平の至宝―へ

画像“奈良の大仏さま”は、中学校の修学旅行で見学し、その後も何度かお目にかかってはいるのですが・・・

NHKの「古代史ドラマスペシャル」として放映された『大仏開眼』を視聴したことがインパクトになってか、東京国立博物館での “特別展「東大寺大仏」―天平の至宝―”の開催予告を知ったとき、家内と一緒に出かけることにしておりました。

開催期間の10月8日(金)~12月12日(日)のうちでも、11月2日~21日の期間は、正倉院宝物の展示が行われるということなので、後半のその期間に行くことに決めて、先日出かけてきました。

上野公園の桜の木も秋色に染まっていましたし、この記事でも話題にした博物館の入口にある大きなユリノキも紅葉が見ごろでした。(写真下参照)

画像 画像

この展覧会は、「東大寺のはじまり」、「大仏造立」、「天平の至宝」そして、平安時代と江戸時代に消失した東大寺の伽藍と大仏の再興に尽力した僧侶「重源と公慶」、と四つの章に分けて大仏にゆかりの深い国宝や重文などが紹介されていた。

画像


パンフレット(写真トップ参照)を見ると、“大仏殿の前に立つ「国宝 八角燈籠」を寺外で公開するのは初めて・・”と記されており、その展示コナーが入念にレイアウトされていた(写真上参照)ので、この展覧会の目玉と言っていいのかもしれない。

画像ロボット夫婦は、この八角燈籠(写真右参照)をここで紹介した気ままな旅の際にも目に留めているのではあるが、こうして展覧会場で見ると、また一際であったから不思議なものだ。

この種の展覧会では、いつも「音声ガイド」を利用することにしているので、今回も・・・
音声ガイドのナレーションは、NHKドラマ「大仏開眼」で聖武天皇に扮した國村 準氏であったので、雰囲気がマッチしていてとても良かった。

正倉院宝物コナーでは、この展覧会の副題が「光明皇后1250年御遠忌記念」となっているくらいなので、大仏の完成を祝う儀式「大仏開眼供養会」で聖武天皇と光明皇后が握り締めた紐(縹縷〔はなだのる〕)や、桂心など光明皇后ゆかりの”至宝”が展示されていた。

展覧会場の外では、大仏さまの右手模型がロビーの近くに展示されていた(写真下参照)ので、乾いた喉を潤しながらそれを見て、会場内で放映されていた“体感!バーチャル大仏”をイメージしながら、大仏さまの全体の大きさを直近で連想してみた。
上述した気ままな旅の際にも大仏殿に入って大仏さまを下から眺めたが、勿論ここまでは近寄れなかったので、その大きさにあらためて驚いた。

画像



<おまけ>

展覧会場の平成館を出て本館との間に目を向けると、建設中で話題の東京スカイツリーが夕空に見えた(写真下参照)のでシャッターを押してみました。
なお、ロボットは東京スカイツリーの話題をこの記事「東京スカイツリー」と、「東京6景桜の名所めぐり」で取り上げているので、興味のある方はご覧ください。

画像




この記事へのトラックバック