あなたの脳は健康ですか?

タイトルに示した言葉は、私(ロボット)が皆さんに問いかけている「?」ではございません。

ロボットが、自分の加齢による脳の衰えを心配して、近頃 熱心に操作するようになったゲーム機(写真下参照)のスイッチをONにすると冒頭に出てくるメッセージなのです。(笑)

画像画像

実はロボット、最近になって物忘れがひどくなった気がするのです。

友人に言わせると、ロボットの物忘れは今に始まったことではない・・・と、一蹴されてしまいますが、それを受け入れてしまうと、この記事が台無しになりますので、近頃ひどくなってきたこととして話を進めさせて頂きます。

そう考えると(つまり、加齢による衰えだとすると)、このまま歳を重ねることが、とても心配でたまりません。

そこで、「現状の把握」、つまり、現在のロボットの脳は健康なのか?、それとも異常に老化が進んでいるのか?を知る必要があると考え・・・。

そして、正常であれば、これ以上の劣化を防いで、現状を維持させたいし、そうでなければ、「改善」の方法がありゃしないか?と考えた結果、手に入れたのが上のゲーム機です。

これは、商品名が「脳年齢 脳ストレス計 アタマスキャン」という”脳年齢”や”脳ストレス”を計測できる電子機器として、5年ほど前に株式会社セガトイズから発売されたものです。

画像包装箱(写真右参照)には、医学博士 梶本修身氏、同、川島隆太氏の監修・検証となっていますので、それなりに信頼できるものだと思います。(詳細は上のリンク先をご覧ください)

ニンテンドーDSでも動作する”「・・アタマスキャン」という同じ機能のソフト”が、セガトイズから発売されていますので、この商品としての話題性は乏しいのですが、当ブログの読者様であれば、ご存じないかも知れない(おっ!と、失礼!!)と、思いましたし、今頃になってロボットが脳のトレーニングをしていることで、記事になるのではないかと考えました~。


さて、問題の計測結果ですが、・・・

ロボットの脳は、「年齢相応の脳である!!」と、出ました~~ 読者様には期待ハズレですみません (笑)

つまり、ロボットは、我が家の階段を上がって行って、二階で、さて何を取りに来たかな~?、と考え込むことがありすが、この程度の物忘れは、正常ということになりますから、読者様で身に覚えのある方はご参考までに・・(笑)

なお、このゲーム機では、脳のトレーニングも出来ますので、ロボットは、毎日一度は熱心に操作して、現状維持に努めておりま~す。


<ご参考>

75歳以上の高齢者ドライバーには、免許更新時に「講習予備検査」が行われるようになりましたが、このゲーム機のトレーニングでは、似たような記憶力の出題がありますので、その訓練になるかもしれません。


この記事へのトラックバック