散歩と「セザンヌ―パリとプロヴァンス」展

画像先週末は、ロボット(私)が月に一度のペースで出かける<男の隠れ家>へ・・・の日でした。

と、云っても、新しい愛読者様であったり、その他の理由で、「ピンとこな~い!」とおっしゃる方がいらっしゃるかも知れませんが、その一件が分かる記述を ☞ こちらとリンクさせましたので、その説明は省略させて頂きます。

この日は、いつもの夕刻の開演と違って午前の開演でしたので、終演後には、一緒に落語を聴いた友人と近くで昼飯を食べ、その席で暫らく談笑して過ごしました。

その後に、ロボットは、友人が予定していた「セザンヌ―パリとプロヴァンス」展(写真右上参照)の絵画鑑賞と散歩コースに賛同し、と云うよりも、むりやり便乗して楽しんだ半日の出来事を、この記事で綴ってみました。

画像ロボットの場合は、絵画鑑賞といっても、その絵心は知れたものですので、多くを語れませんから、散歩の立ち寄り場所としてご紹介する程度ですので、最初に散歩コースの地図をご覧いただきます。(写真左参照:クリックすると別ウインドウで拡大され文字も読めると思います)

地図に赤線で示したのが、この日の道順で、<男の隠れ家>のIMAホールが、「光が丘」駅の近くですので、地下鉄大江戸線で移動し、「青山一丁目」から散歩をスタートすることにしました。全体の距離は3km程度か?、と思います。

そして、紫色の丸囲いの数字は、ロボットが散歩の途中に写真を撮った場所で・・・
:国立新美術館の入口付近、:国立新美術館の正面、:東京ミッドタウン(ミッドタウン・ガーデン)、:檜町公園、:檜坂です。

先ずは、その順に写真を見て頂きましょう。
 
画像
正門側からでは味わえない木漏れ日の道を歩いて入りました。
     勿論、左側のメタボ腹に見えるビルが国立新美術館です。
 
画像
どう見ても、熱心にシャッターを切ったとは云えない写真で・・・
     友人を待たせておりましたので、ご勘弁ください。(笑)        








ミッドタウン・ガーデンで、緑も多く、しかも開放的であり、この位置
で後ろを振り返ると、こんな風景(スクロールさせて下さい)に・・・


画像
東京ミッドタウン開業5周年特別企画として、大きさや傾きなどが
    異なる7個の額縁がミッドタウン・ガーデン内に配置されたそうで、
    その一つがこれ。
    アイディアに行き詰ったときにのぞくとよい額縁だそうだが、ロボッ
    トへのご利益は、ほぼゼロ? (笑)









この池は檜町公園内にあり、当園は、萩(長州)藩・毛利家の屋敷
   があった場所だそうで、檜が多くあったので「檜屋敷」とも呼ばれ、
   後の「檜町」という地名の由来にもなったとのこと。
   池の対岸から対称な位置で撮ってみました。(スクロールして下さい


画像画像
この坂道の名の由来も上と同じですが、友人は50年ほど前に、自動車
 教習の「坂道発進」で苦労?したことを思い出し、ロボットはこの本に掲
 載されていたことを思い出し、それぞれここで時間を費やしました。
 その結果、ロボットは沿道のマンションにこのバラを発見しました。



さて、最後になりましたが、国立新美術館で開催(期間:3/28~6/11)されているタイトルの絵画展をこの散歩の途中で鑑賞しましたので、少し触れておきます。

この展覧会は、「近代絵画の父」と称されるポール・セザンヌ(1839-1906)の画業を、パリとプロヴァンスの2つの場所に注目して振り返る大規模な個展、と主催者側は位置づけているようです。

その理由は、1880年代以降のセザンヌは、パリに背を向け、生誕の地であるエクス・アン・プロヴァンスにこもって制作した孤高の画家とされてきたが、実際には1861年から晩年に至るまで、20回以上もパリとプロヴァンスの間を行き来していたので、この頻繁な移動はセザンヌの創作活動に決定的な役割を果たしたと考えられるので、ここに注目することは画期的な試みとする旨が述べられています。

本展は、オルセー美術館をはじめ、世界8ヶ国、およそ40館から約90点の作品を一堂に会しています。

それらの作品は、「初期」から、「風景」、「身体」、「肖像」、「静物」、「晩年」と6つのカテゴリーに分けて展示されています。

ロボットは、音声ガイドを借りてそのカテゴリー順に進みましたが、セザンヌが何度も描いていると聞いていた故郷にあるヴィクトワール山の作品が、数点展示されていて、年代による表現の違いに注目して同時に鑑賞できた点がよかったと思いました。(写真下参照)

画像画像
(左)サント=ヴィクトワール山(1886-87)、(右)同(1902頃)



それと、セザンヌは「私は一つのりんごでパリを驚かせたい」と言ったそうだけど、流石に、りんごを描いた静物画には感動しました。(写真トップ(右上)参照)


      



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 48

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック