仙波東照宮の特別公開へ

画像


突然ですが、日本三大東照宮とは、日光東照宮 ・久能山東照宮、そしてもう一つは、どこかご存知でしたか?

さぁ~!?、と、おっしゃる方は、ロボット(私)のプロフをアクセスして頂けないでしょうか!(笑)

ハイ、ロボットは埼玉県に住んでいます~、と、云うことで(??)、もう一つは、埼玉県川越市の『仙波東照宮』・・・、あっ!、記事のタイトルにも書きましたね。(笑)

画像その、東照宮が「特別公開」をしているというので、「いい夫婦の日」に、手を取り合って(?)出かけてきました。(写真右参照)

場所はどの辺りか?、と、云いますと、ロボットがお正月に、初詣に出かける喜多院の境内に在ります。

そのリンク先の記事でも少し触れたように、家康は、元和2(1616)年に75歳で生涯を閉じると、静岡県の久能山に葬られましたが、「東照大権現」の神号をおくられた翌年、遺言により栃木県の日光に移葬されたことになっておりますが・・

その途中で川越に寄り、喜多院の大堂(薬師堂)において天海僧正らによる4日間に及ぶ法要が行われ(そのときの大堂は移築されて、現在は上野寛永寺の本堂になっているとのこと)、その後、天海僧正は、家康の像を作り、大堂に祀ったのがこの東照宮の初めといわれているそうです。

また、天海僧正は、その東照宮を多くの者に崇拝してもらうため、寛永10(1633)年に、現在地に丘陵を築き立派な社殿を造って、祀ったそうです。

ところが、寛永15(1638)年の川越大火で東照宮も延焼し、それを聞いた三代将軍徳川家光が、自ら願主となり、天海僧正を導師として寛永17(1640)年に再建したのが、現在の仙波東照宮社殿だそうです。(写真トップはその本殿の外観です)

本日は、特別公開ということで、拝殿の中を見学し、本殿の建物の近くまで入れましたので、黒漆(うるし)塗りを基調とした極色彩の本殿を本瓦葺の透塀(すかしべい)から撮ることができました。(写真下参照)

画像


拝殿の中は、撮影禁止でしたので、写真でご紹介が出来なくて残念すが、後水画像尾天皇の御宸筆になる『東照大権現』の勅額や、岩佐又兵衛筆の三十六歌仙額などが掲げられてあります。

また、本殿前には信綱・輝綱・信輝の、拝殿前には柳沢吉保など歴代藩主の奉献した大きな石燈籠が並んでいます。
それらの配置の説明板は特別公開でなくても見られますが、撮ってきましたので、ご覧下さい。(写真左上参照)

画像
そして、これは特別公開でなければ見ることが出来ない、拝殿の蔀(しとみ)を開けたところも撮ってきましたのでご覧下さい。(写真右参照)

これらの建造物は国指定の重要文化財になっているそうです。

仙波東照宮特別公開の見学をした後は、語呂合わせの日柄もよろしいということなので、久しぶりに小江戸の町並みを散策し、ロボットの大好きな甘味処に立ち寄ってから帰宅しました。



    



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 44

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年11月26日 09:14
 おはようございます
>そしてもう一つは、どこかご存知でしたか・・・
 :いえ、全く知りませんでした。この秋に久能山東照宮の講義を受けたのですが、紹介がありませんでした。
>「いい夫婦の日」に、手を取り合って・・・
 :アハハ お仲の良いことで、結構な事です!
>ロボットの大好きな甘味処に立ち寄って・・・
 :最後のシメがバッチリ決まり良かったですね~
話が変わりますが”仙波東照宮”の”仙波”の名前が気になりました。私の知人に仙波さんがいます。仙波東照宮の所在地に小仙波、西仙波、大仙波町などがありますので、元をたどれば川越が本家筋なのかもしれません。
2012年11月26日 09:22
日光東照宮へなら2回ほど行ったことありますが
仙波東照宮・・初めて知りました
階段途中に仲良く手に手を取っているのがロボットさんご夫婦なんですね
それにしても、川越って歴史のある町なんですね
私は川越といえば、以前に浜木綿子さんがやっておられた、火曜サスペンスのシリーズモノを思い出す程度ですが・・
参拝の後の甘いものは、私もうなづけるところです
2012年11月26日 09:41
時さんへ
おはようございます。
早速のコメントをありがとうございます。
時さんは、この秋に久能山東照宮の講義を受けたのですか~、何とタイミングがよいことで・・・
なるほど~、そうでしたか!、歴史・観光などのご当地は、“我田引水”とはいいませんが、他の観光名所等を紹介することは少ないですね。
記事にしてよかったです。(^^♪
>・・・お仲の良いことで、結構な事です!
:アハハ~、(?)をお忘れなく(笑)
最近は、アルコールをほぼゼロにしましたので、楽しみは甘味処です。(ーー;)
ハイ、“仙波”は地名から来ています。
知人の仙波さんは、埼玉県に関係ある人でしょうか?。
私の本名のルーツが地名から来ていることを確認する旅をした経験がありますので・・・、関心を持ちました。
2012年11月26日 09:56
美々さんへ
おはようございます。
早速のコメントをありがとうございます。
そうでしょうね~、日光東照宮と比較するとあまりにも知名度が違いすぎますから、「初めて・・・」というのも頷けます。
アハハ~、確かに手を取り合ったご夫婦が石段を降りてきますね~!
ごめんなさい。写真の参照は、特別公開の看板だけです~(笑)
ハイ、川越って歴史のある町なんです~(笑)、、NHKの“朝ドラ”のロケ地となってからは、特に人出が多いようです。
浜木綿子さんの、火曜サスペンスのシリーズモノを、ロボットは見る機会が少なかったので、残念です。
>参拝の後の甘いものは、私もうなづけるところです
:ありがとう。ロボットは、最近は、アルコールをほぼゼロにしましたので、楽しみは甘味処です。(ーー;)
2012年11月26日 12:34
お天気に恵まれて良かったですね。
私は日光東照宮、一度も行ったことがないのです
が、色鮮やかできらびやかですよね。こちらの
仙波東照宮もきらびやかですね。

愛媛の同級生や、かつての同僚に仙波という苗字
人がいましたが、埼玉とゆかりがあるのでしょう
かね。

お酒が飲めないのではなく、控えてらっしゃる
のですね。甘味処という新たなる楽しみができて
良かったですね。(^~^*)
2012年11月26日 15:36
casa blanca さんへ
こんにちは。
コメントをありがとうございます。
ハイ、とてもよい天気で、境内の木々の紅葉も日に照らされて鮮やかで、きれいでした。(^^♪
casa blanca さんは、日光東照宮もこれからでしたか~、あちらと比較すると、見劣りはしますが、なかなか鮮やかでした。こちらの東照宮はロボットも初めてです。

おや!、casa blanca さんの知人にも仙波さんが・・・、コメントを頂いた“ブロ友”のお二人にいらっしゃったとは、驚きました~!
埼玉県のこの地と関係がおありなのか知りたくなりますね~!。

お酒は元来飲める方ではなかったのですが、考えがあって、極力控えています。
甘味は生まれたときから大好きです~(笑)
2012年11月26日 19:02
川越は小江戸の町並みが有名ですが、東照宮もあるのですか!日光に負けないくらいの鮮やかな社殿ですね。めったに見られないものを、いい日にお二人で仲良く詣でてこられたのですから、きっとご利益ありますよ。(笑)
ロボットさんの初詣の記事も拝見しましたが、ナルホド、歴史にある街なんですねえ。柳沢吉保・・ドラマにも良く登場される重要人物ですね。川越の城主で駒込の六義も別荘だったんですよね。これはなんとしても近いうちに川越に行かずばなるまいなあ。お勧めの甘味処も忘れずメモメモしておきましょう(笑)
2012年11月26日 21:37
けっこちゃーんへ
こんばんは。
コメントをありがとうございます。
ハイ、小江戸川越の町並みは、NHKの“朝ドラ”や加山雄三の“若大将ゆうゆう散歩”など、TV番組でも登場しましたので、知られました~!、、でも東照宮はイマイチですので、ロボットがブログ記事でPRに努めています~(笑)
ご利益があると有り難いで~す。(^^♪
そうですね!、駒込の六義園は柳沢吉保の下屋敷ですね!、そちらもこの時期は、紅葉で観光客が多いでしょう。
ハイ、けっこちゃーんに、何としてでも川越においで頂きたいです~!(^^♪
2012年11月26日 21:51
特別公開、私の好きな言葉です。
いいときにいらっしゃいました。奥さまと手を取り合って、いいことですね。川越の街も落ち着いた趣があり歩いてみたいところです。甘いものがお好みでしたか。それはよかったですね。仙波東照宮の建物はすべてきれいな色をしているんですね。なかの撮影はできなくて残念でした。
2012年11月26日 22:21
はるるさんへ
こんばんは。
コメントをありがとうございます。
なるほど~!、「特別公開」は、はるるさんの好きな言葉ですか!(笑)、、はるるさんのブログを、このキーワードで検索すると、記事がいろいろ楽しめそうですね!。(^^♪
>奥さまと手を取り合って、いいことですね。
:アハハ~、後ろの(?)をお忘れなく(笑)
ロボットは、以前から、飲まない方なのですが、考えがあって、アルコールをほぼゼロにしましたので、甘味が楽しみです。(^^♪
>仙波東照宮の建物はすべてきれいな色をしているんですね。・・・
:ロボットも本殿の極彩色を見るのは今回が初めてなのですが、とても鮮やかでした。
ハイ、中が撮影はできなくて、皆さんにお伝えできないのが残念です。(ーー;)
2012年11月28日 21:13
こんばんは。

川越の喜多院には かなり前にいったことを思いだしました。雅で素晴らしい建物にびっくりしましたが、近くに ものすごい数のお地蔵さんが あったような…そんな昔のことも いとおしく思い出しています。
ありがとう! 改めて歴史の勉強もできたしよかった~
川越 喜多院は 私のところからも 近いですし…も1度 行ってみたいですね~
2012年11月28日 21:48
 こんばんは 再度伺いました!
>知人の仙波さんは、埼玉県に関係ある人でしょうか?・・・
 :その仙波さん、静岡時代にお会いしたご婦人で、現在は大阪にお住まいです。たぶんご主人が仙波姓なのでしょう。こんど年賀状の添え書きの中でお尋ねしてみます。
>私の本名のルーツが地名から来ていることを確認する旅を・・・
 :そうですか~ 私も同じような事をやりまして、大分県の由布院にその地区がありました。地名や名前、いろいろ面白いですね~
2012年11月28日 22:10
メダカさんへ
こんばんは。
コメントをありがとうございます。
メダカさんも川越の喜多院へはお出かけになっていらっしゃることを、ロボットは以前の記事で知っておりますよ~!
この極彩色の本殿は、普段はこのように見ることができませんので、びっくりなさるでしょうね。
ものすごい数のお地蔵さんは、五百羅漢です。
いろいろな姿や顔つきのお地蔵さんがあって、微笑ましいですよね。
記事を喜んで読んで頂いて、ロボットも嬉しいです。(^^♪
また、機会を作って川越の喜多院へお出でになって、仙波東照宮へもお立ち寄りください。
拝殿は普段でも外観の大半がご覧になれます。
2012年11月28日 22:24
時さんへ
こんばんは。
再度のお越し、そしてコメントをありがとうございます。
知人の仙波さんの件、そうでしたか、何だかお手数をお掛けすることになって申し訳ございません。m(__)m
私の名字が珍しいものですから、そんなことをやって、その関係に興味がわくようになりました。
なるほど~、時さんも同じような旅を・・・、大分県の由布院にありましたか!?
2012年11月28日 22:31
こんばんわ。私も日光東照宮は中学の
遠足(?)で行った記憶がありますが、
こちらの東照宮は知りませんでした。
さすが、川越は小江戸といわれるだけ
あって、歴史と文化の町ですね。
一度、是非訪問して、ロボットさんに
案内してもらいたいなぁ~。その後、
甘味処で一杯やりたいなぁ、お汁粉で。
ハハハハ・・・。
2012年11月28日 22:57
ぼんジュールさんへ
こんばんは。
コメントをありがとうございます。
ロボットも日光東照宮は中学の遠足でした~!
こちらの東照宮を知ったのは、埼玉県人になってからですから、ぼんジュールさんと同じようなものです(笑)
ハイ、川越は小江戸と云われるだけのことはあるな~、と、最近は思うようになりました。(ーー;)
ぼんジュールさんも右党でしたね~!
甘味処で一杯やりますか~!、ハハハ~♪
2012年11月29日 12:53
三大東照宮どれも見たことありませ~ん

でも今一つ見られてたので、嬉しいです

色がとっても綺麗ですね。
普段見る事できないところまで見させて頂き
ありがとうございます。

特別公開時に手を取り合って見に行かれるなんて
仲がよろしいご夫婦で、見習わなくちゃいけないですね。

手なんて握った事ないよ~(笑)
2012年11月29日 14:21
ロボットさん、こんにちは^^
日本三大。。。の!うちの一つ!!
それだけで、地元にとっては
誇れる東照宮ですね!^^q

こうした歴史的建造物を見ると
古の人間模様を想像しますね。
歴史は続くで。。。
現代の建造物から
未来の人たちはどんな歴史を
想像するのでしょね^^;

それにしても。。。
手に手を取り合って。。。ですか!
それはそれは、何よりです^^q
では。。。
現代に生きてる、仲睦まじいご夫婦像を
取り敢えず!(笑)。。。
想像しておきます!(爆)
すんません!^^;
2012年11月29日 20:59
keiko さんへ
こんばんは。
コメントをありがとうございます。
>三大東照宮どれも見たことありませ~ん ・・・
:そうでしたか!、、そちらからですと、何処も遠方ですからね!。
そう言って頂けると、ロボットが「仙波東照宮」を記事にした甲斐があるというものです。(^^♪
ロボットも本殿の極彩色は初めて見るのですが、色がとっても綺麗でした。
>特別公開時に手を取り合って見に行かれるなんて仲がよろしいご夫婦で、見習わなくちゃいけないですね。
:アハハ~、後ろの(?)をお忘れなく(笑)
>手なんて握った事ないよ~(笑)
:大丈夫ですよ!、、神様が、お互いに手を握らないと歩けなくなるようにしてくれますから(笑)、、2番目の写真の石段を降りてくるご夫婦は、その年齢に達したようです。(^^♪
2012年11月29日 21:16
みつばさんへ
こんばんは。
コメントをありがとうございます。
ロボットも埼玉県人になりましたので、地元のものは好く見えるようになりました~!(笑)
地元のお役にも立ちますので・・・(^^♪
>こうした歴史的建造物を見ると古の人間模様を想像しますね。
:そうですね~!、見えるものを介して古を想像することになりますから、文化財は貴重ですよね。
ハイ、現代は古いものを残さず新しいものの開発が盛んですから、未来の人が想像するものを意識的に残す義務があるかもしれませんね。
>それにしても。。。手に手を取り合って。。。ですか!・・・
::アハハ~、後ろの(?)をお忘れなく(笑)
想像は、いかようにもお任せいたします~(爆)
何れ神様が、お互いに手を握らないと歩けなくなるようにしてくれますから・・・(笑)
2012年11月30日 11:43
こんにちは。
日光東照宮、久能山東照宮と肩を並べるなんて素晴らしいですね。
「いい夫婦の日」覚えているだけでも素晴らしいです(笑)すっかり忘れています。
特別公開というのは嬉しいですよね。
この言葉に敏感に反応する私です。
黒漆(うるし)塗りを基調としているだけあって
極色彩の本殿は美しいですね。
拝殿の中は、撮影禁止でも仕方ないですね。
庭園ではないですものね(笑)

語呂合わせのお日柄もよい日に
手に手を取る方がおられてお幸せです。
小江戸の町並みを散策し、甘味処に立ち寄って・・・
最高の日となりましたね。いつまでもお幸せに・・・(結婚式ではなかったですよね・・・笑)
2012年11月30日 21:14
ろこさんへ
こんばんは。
コメントをありがとうございます。
日光東照宮と同列に扱うのはおこがましいのですが、地元の仙波東照宮の宣伝も兼ねて、肩を並べてみました~(笑)
ろこさんのお宅は、いつも「いい夫婦の日」ですから、一日だけの、この日は忘れてもいいでしょう!(^^♪
ろこさんも京都・清水寺で「特別公開」をご覧になったようですからね!、、そうそう、成就院の庭園が撮影禁止だったと伺って、がっかりしました。(ーー;)
>語呂合わせのお日柄もよい日に手に手を取る方がおられて・・・
:アハハ~、後ろの(?)をお忘れなく(笑)
何れ神様が、お互いに手に手を取らないと歩けなくなるようにしてくれますから、そのうちに・・・(笑)
結婚式の日は春でしたから、その日の予行演習ということにして・・・(笑)
kawashima
2014年08月25日 06:54
【ロボットのつれづれ日記】運営者 様

初めまして、川島と申します。
様々な分野でのメディア運営や大手企業様のWebプロモーションなどのサービスを提供している会社で勤務しております。
このたび、貴媒体で有料で広告リンク掲載して頂けないかご相談をさせて頂きたくご連絡差し上げました。(相互リンクが難しいため)

弊社は現在、クライアント様のウェブプロモーションをしております。
現時点ではクライアント名を述べることはできませんが、世間一般に名の通った大手企業様です。

そこで、有料契約にて貴媒体からの広告リンク掲載をお願いしたくご連絡差し上げました。
貴媒体は有用な情報を掲載されており、是非広告リンク掲載をお願いしたいと考えております。
クライアントも、貴媒体での広告掲載・タイアップを熱望しております。

是非、掲載位置や料金等のご相談をさせて頂ければと考えておりますが、ご意向をお知らせ頂ければ幸いに存じます。
誠にお手数ではございますが、ご返信は下記連絡先にご連絡頂きますようお願い致します。
E-mail: ik-web@outlook.com  川島
(メールアドレス自動収集ロボットなどの対策のため、上記メールアドレスには全角の「@」を記載しております。
お手数ですが、お返信の際は半角の「@」に変更してください。)
 
何卒宜しくお願い致します。
2014年08月25日 15:54
川島 様

折角のお誘いですが、次の理由によりご辞退させて頂きます。

① 当ブログは、趣味で行っておりますから、気楽な運営であり、何時閉鎖になっても不思議ではありませんので、その際には、ご迷惑をお掛けしてしまいます。

② 当ブログの記事は、稚拙な内容で大手企業様の役に立つ価値があるという自負心がございません。

③ 突然の儲け話には不得手です。

以上ですので、何卒宜しくお願い致します。

この記事へのトラックバック

  • 新年

    Excerpt: あけましておめでとうございます。 Weblog: ロボットのつれづれ日記 racked: 2017-01-07 10:40