夏休みの自由研究「手作りの熱気球」を・・・

画像『お爺ちゃんの家に行って ”夏休みの自由研究”をやるからね~』、と、孫のK君(小6)から電話があったのは8月に入った直後だったが、やって来たのは8月の中旬だった。 自由研究の題名は、「手作り熱気球の実験」だという。

ロボット(私)は、小学校当時にそのような実験をしたことがないのに・・・、「何故わざわざお爺ちゃんの家へ来てやることにしたのか!?」、と、K君に尋ねると、『お母さんが、お爺ちゃんはこんな実験が大好きだよ!』と言ったので・・・。( 一一)

と、云うことで、孫と娘の期待を背に、 ”夏休みの自由研究”の助っ人に励んだという話なのです。(笑)

K君は、使う材料と、成功すればどうなるのかを書いたメモ帳を持参して熱心に説明してくれた。

画像材料は下記のとおりで、ロボット家にほとんどが存在し、または代用のものがあったので、それを利用することにした。
右の写真の図は、ロボットがK君の説明を聞いて、 ”手作り熱気球”の飛んだ状態を、材料との関係を示して描いたものです。

① ビニール袋(45L、厚さ0.03m)
② 細いステンレス線
③ アルミ箔のカップ
④ ガーゼ
⑤ 燃料(消毒用アルコール)
⑥ 糸
⑦ セロハンテープ
⑧ 用具(ニッパ、はさみ、縫い針、マッチ)

これらの材料から熱気球に仕上げる作業は、それほど難しくないので、ロボットは手助 けをしませんでした。
ただし、アルミ箔のカップが水平になるように考えて、細いステンレス線4本の切断と取り付けをするようにアドバイスをしました。

それと、細いステンレス線は、目や指などを突き刺すことがあるので、気を付けるように注意したのですが・・・
ビニール袋に穴をあけて取り付ける際に、指を刺 してしまい、ちょっと出血したようです。( 一一)
痛い体験の学習があったためか?、その後は、アルミ箔のカップへの取り付けなども無事に仕上げました。(*^^)v

次に、ガーゼを適当な大きさ(5×10cm)に、はさみで切ってアルミ箔のカップへ入れ、そこに燃料(K君のメモ帳には、”ガソリンの水抜き剤”となっていたが、消毒用アルコールで代用しました)を注ぐのですが、燃料の扱いとマッチによる着火は、火傷の心配があるのでロボットが手助けをしました。

ガーゼから炎が上がると、ビニール袋が円筒状に膨らみ、K君が「オ~~!!」と、喜びの声を上げたのですが、残念ながらビニール袋は上昇しませんでした。

つまり、1回目は失敗だったのです。(◞‸ლ)

そこで、K君には、『実験は、失敗もあるので、失敗の例を記録し、レポートにする・・・』と指導するとともに、考えられる失敗の原因や改良すべき点などについて語り合った。

その結果、(1)全体が重いと考えられるので、軽くするため、①ステンレス線をもっと細くし、短くする。②アルミ箔のカップを丈夫にするため二枚重ねにしたが、それを1枚にする。③ビニール袋をもっと薄いものにする。
(2)燃料の火力が弱いのかもしれない。などの意見が出た。

そして、その改良のための材料をロボットが準備することにしたが、K君は『2回目の実験は、この次にお爺ちゃんの家に来た時にやることにする』と言って、この日の実験は終了でした。( 一一)

ロボットは、K君が帰ってから、いろいろ考え、燃料を変えて火力を強くする方法もあると思ったが、屋内での実験なので火災の心配もあり、燃料はそのままで・・・。

そこで、それぞれの材料の重量を、1gから計量できる”お料理用デジタルはかり”で計測 してみると

1.ビニール袋 :23g
2.細いステンレス線4本 :2g
3.アルミ箔のカップ2枚 :0g(1g以下は計測不能)

つまり、軽量化にはビニール袋のファクターが決め手であることが分かったので、同じ大きさ(45L)のビニール袋の販売種類を、スパーマーケットやホームセンターへ出向いて調べることにした。φ(..)メモメモ

その結果、家庭用ゴミ収集用のビニール袋(45L)として販売されているものでは、透明、半透明など数種類あって、半透明の厚さ0.013mが最も薄いことがわかったので、それを買い求めた。(@_@)

家で重さを計測 してみると、12gであった。 これなら・・・。(*^^)v

次に、K君がやって来たのは、夏休み終盤の金曜日でした、、ロボットが小学生の頃に追い込みで宿題を仕上げた懐かしい想い出が蘇った。(笑)

K君には、1回目の実験で話し合った”軽量化”のために、爺・婆が買ってきた新しいビニール袋を見せて、それぞれ使用した材料の重さを計測させ、実験データとして記録するように指導 し、K君が 新しいビニール袋で ”手作り熱気球”に仕上げたところで、2回目の実験を開始 した。

結果は、下の写真のとおりで、K君は大喜びでした。

画像


実験のレポートは、『最後の土曜日と日曜日で完成させる』と言って帰って行ったのです。(^^♪

きょうから新学期、最初の登校日なんだけど、上手くまとめられたかな~~ と、どこまでも心配の”爺バカ”なんです。(笑)


~~・~~・~~・~~


孫の成長記録として読みやすいように主な関連記事をまとめることにしています。

<主な関連記事>( )内はK君の年齢 (ただし、弟のS君も途中から登場することになります)
  ・1歳の乳幼児の判断力と記憶力?(1歳頃)
  ・親子を同一の玩具で育む計画(1歳6ヶ月)
  ・楽園の落日!?(1歳8ヶ月)
  ・DIYで「お砂場」づくり(1歳8ヶ月)
  ・孫と自慢話!?(2歳5ヶ月)
  ・孫たちと箱根へ”初旅”(2歳9ヶ月)
  ・「イチゴ狩り」を楽しんできました!(3歳1ヶ月)
  ・孫たちと那須高原へ(3歳8ヶ月)
  ・孫の運動会(3歳9ヶ月)
  ・ちょっと自慢話を・・・(3歳10ヶ月)
  ・ちょっと自慢話を・・・(その2:大失敗の巻き)(3歳10ヶ月)
  ・作品展へ(4歳)
  ・我慢くらべ?? (4歳1ヶ月)
  ・孫の運動会(4歳9ヶ月)
  ・いよいよ「年の瀬」(4歳11ヶ月)
  ・喜びの証明!?(5歳)
  ・楽しみと愁いとが交錯!?(5歳4ヶ月)
  ・初めて見るサッカーの練習??(5歳4ヶ月)
  ・孫と昆虫学習館へ!(5歳8ヶ月)
  ・ある迷策!?(5歳9ヶ月)
  ・幼稚園での最後の運動会へ・・!(5歳9ヶ月)
  ・K君、幼稚園のクリスマス会(5歳11ヶ月)
  ・「・・谷まる」と書いて何と読むのか?(K君:6歳、S君:1歳11ヶ月)
  ・孫たちと上高地へ(K君:小1、S君:2歳6ヶ月)
  ・久しぶりのDIYは、孫のために・・・(K君:小1、S君:2歳9ヶ月)
  ・孫たちと「埼玉県こども動物自然公園」へ(K君:小2、S君:3歳4ヶ月)
  ・「ペンペン」の命名式へ行ってきました~!(K君:小2、S君:3歳4ヶ月)
  ・孫たちと雨の上高地を歩く!!(K君:小2、S君:3歳4ヶ月)
  ・孫(K君)の運動会(K君:小2、S君:3歳6ヶ月)
  ・孫(S君)の運動会(K君:小2、S君:3歳6ヶ月)
  ・孫と合作の「横浜スカイツリー」??(K君:小2)
  ・孫への誕生日プレゼントで??(K君:小2)
  ・孫と一緒に “いちご狩り”を楽しみました(K君:小2、S君:3歳11ヶ月)
  ・「ソムリエ」ならぬ「ソフリエ」があったとは・・・!?(S君:4歳1ヶ月)
  ・孫と一緒に夢の中へ・・・!?(K君:小3)
  ・「死」のおはなし・・・!?(S君:4歳6ヶ月)
  ・孫たちと “みかん狩り”を楽しみました(K君:小3、S君:4歳9ヶ月)
  ・孫(S君)の作品展へ・・・(S君:4歳11ヶ月)
  ・幼稚園の「クリスマス会」へ(S君:5歳9ヶ月)
  ・「サンタクロース」と「クリスマスプレゼント」(K君:小4、S君:5歳9ヶ月)
  ・幼稚園の作品展へ(S君:5歳11ヶ月)
  ・孫の卒園式に行ってきました(S君:6歳)
  ・孫たちの運動会へ(K君:小5、S君:小1)
  ・「私の体験・主張 発表会」へ(K君:小5)
  ・クリスマスプレゼント(K君:小5、S君:小1)
  




この記事へのトラックバック