テーマ:絵画展

絵画展と東京駅丸の内駅舎へ

先日、友人からの誘いで、ある美術団体が主催する絵画展へ行って来ました。 その絵画展へは、友人の知人が常に出品していることもあって、これまでにも何度か声をかけてもらっています。 そして、いつも絵画展だけでは終わらず、梯子酒じゃなかった(笑)、梯子楽?となってしまい、東京湾クルージングを楽しんだり、旧東海道・川崎宿を楽しんだりし…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

散歩と「セザンヌ―パリとプロヴァンス」展

先週末は、ロボット(私)が月に一度のペースで出かける<男の隠れ家>へ・・・の日でした。 と、云っても、新しい愛読者様であったり、その他の理由で、「ピンとこな~い!」とおっしゃる方がいらっしゃるかも知れませんが、その一件が分かる記述を ☞ こちらとリンクさせましたので、その説明は省略させて頂きます。{%表情お願いdeka…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恩師の絵画展へ

高齢になると誰でもそうなのだろうか?、、ロボットは、つい1ヶ月前のことがうろ覚えになってしまうのだが、60年も昔のことになると、その記憶は鮮明なのである。 例えば、小学校へ通っていた当時のクラス仲間との学舎(まなびや)での出来事は、ハッキリと蘇えってくるから不思議だ。 そして、当時のクラス担任であったS先生が現在もご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに満点?の散歩

「秋」も本番になりましたね~!、、各地から紅葉の便りがにぎやかになり、よい陽気になりました。 秋といえば、この言葉・・“食欲の秋”が浮かびますが、同時に、謳歌しているご婦人を連想するのは私(ロボット)だけでしょうか!(おっと失礼!!) ロボットは、男ですので・・・、そのうえこのような前科者ですので「食欲」を避けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵画展とウォーキング

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉を、今年の9月は取り分け顕著に感じる陽気となりましたね。 何しろ、クルマを運転していて、彼岸の直前ではエアコンを冷房にしておりましたが、彼岸に入ると暖房が欲しいくらいですから体感としては、夏から秋を飛び越して冬へ・・・、秋のファッションを楽しみにしている人もいらっしゃるでしょうから、自然はそ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

フランク・ブラングィン展

国立西洋美術館開館50周年記念事業として開催(期間:2010.2.23(火)~5.30(日))されている「フランク・ブラングィン展」へ行ってきました。 ロボットがこの展示会に行くことにしたのは、ベルギー生まれのイギリス人画家であるフランク・ブラングィン(1867~1956)の絵に興味があったからではなく、家内が新聞やTVなどで知っ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

息抜き・・・

ブログの更新もお留守になるほど仕事の忙しさが続いたので、息抜きに・・・、と云ったら、友人の知人から叱られるかもしれないが、友人と約束していたので、その知人が出品する絵画展に行ってきた。 場所はJR川崎駅東口・北隣りの「リバークビル」の中、川崎駅はひょっとすると初めて下車する駅かもしれない。 それほど私にとっては馴染みの薄い駅であ…
トラックバック:1
コメント:36

続きを読むread more

特別展の「北斎」へ <江戸東京博物館>

去年の12月4日から開催されていたのだが、観る機会がないまま年が明けてしまって、先日やっと出かけてきました。(開催期間:2007.12.4~2008.1.27) それも、"ブログ友”のレポート記事に誘発された格好だから、主催者側から見れば冷やかし半分の客なのである。 それでも、観てきた感想を!、と、問われれば、①…
トラックバック:3
コメント:24

続きを読むread more

ブログ仲間と同じ感動を・・・!?

人の感性はそれぞれで、決して同一ではないでしょうから、同じモノを見ても、きっと違った感じ方をするでしょう。 しかし、自分が記事を投稿して、それに頂戴したコメントを拝読しますと、共感をいただくことがしばしばです・・・。 つまり、感動の強弱的な差こそあれ、美しいものは誰の目にも美しく・・・ そこで私は、ブログ仲間の記事を拝…
トラックバック:2
コメント:40

続きを読むread more