テーマ:京都

紅葉めぐりで京都へ(3)

天龍寺 「紅葉めぐり」の最後は、ここ天龍寺です。 大きな石柱の寺標に「大本山」と刻まれているように、この寺は臨済宗天龍寺派の大本山であり、南禅寺は別格として、京都五山第1位の格式を誇るそうです。 しかし、家内が興味を示す仏像は存在しませんので、彼女が示唆するには、この寺もロボット(私)のための「紅葉めぐり」と云うこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉めぐりで京都へ(2)

紅葉めぐりの二つ目は、実相院で、この寺です。 この寺は、京都大宮御所から移築された四脚門・御車寄せ・客殿などが建ち、門跡寺院としての格式を伝えているとのことです。 そして、京都市左京区岩倉にあることから、岩倉御殿や岩倉門跡などとも呼ばれているそうです。 ロボット(私)が、紅葉めぐりに、この実相院を選んだ理由は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉めぐりで京都へ(1)

京都へ11月下旬~12月上旬 の三日間、紅葉を訪ねて ”のんびり旅” をしました。 歳を重ねるたびにのんびり度が増 し(笑)、今回は一日1景で、3景を楽しみました。 その一つは、JA東海のCM「そうだ 京都、行こう。」の2018年 ”秋” の舞台である一休寺(正式名称は酬恩庵(しゅうおんあん))、二つ目は、「床もみじ」で知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅③ ~大堰川の「舟遊び」と「トロッコ列車」で嵐峡遊覧~(後編)

ここは、トロッコ嵯峨駅のコンコースです。 この日の、もう一つの楽しみは、”トロッコ列車の旅” 。 ロボット(私)は、童心に返りました。(笑) と、云っても、実は「舟遊び」よりも先に遊んだのが、こちらだったのです。 それは、今回の旅の宿が、京都駅前のホテルでしたから、「嵐山」よりもトロッコ列車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅③ ~大堰川の「舟遊び」と「トロッコ列車」で嵐峡遊覧~(前編)

この日は、終日 嵐山とその周辺だけで、旅の楽しみを満喫 しようという計画です。   タイトルでは、「・・嵐峡遊覧」としましたが、”嵐峡” は、「らんきょう」と読ませるようで、ロボット(私)が考えた言葉のタイトルではなく、現地のキャッチ・コピーか何かで目について記憶に残っていたので、引用しただけなのです。( 一一) しかし、大堰…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅② ~創業千年、日本最古の茶店を訪ねて~

ここは、今宮神社です。 京都には、多くの祭があり、時代祭や祇園祭など特に有名なものは「京都三大祭」ですが、それとは別に、独特な風習を残す「鞍馬の火祭」など特徴的な祭を「京都三大奇祭」と呼び、その一つである「やすらい祭」(国の民俗無形文化財に指定されている)を祭礼としているのが、この神社で、洛北に位置し、前回の鈴虫寺と同様に、京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅① ~鈴虫の鳴き声を訪ねて~

ロボット(私)の家族は、「京都の旅」が好きです。 それは、京都で ”見る” 、”食べる” の対象物に、私たちの興味を引 くものが多いからだと思います。 とは言っても、京都は連日、最高気温 38℃を報 じていましたから・・・。 ホテルを予約 した2ケ月前には、ここまでとは予想できませんでしたので、やむを得ませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の紅葉(3) ~東寺~

(つづき)  レトロな喫茶店の場所は、河原町は四条大橋の傍、つまり嵯峨野から嵐山を経由して京都駅まで走っているバスの停留所の近く。  これなら、嵐山の食事処からほとんど歩かなくてもOKなので、家内も文句はないでしょう。(笑) 創業が、ロボット(私)と同年代だという「ソワレ」という店です。  ソワレは、フランス語で「夕暮れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の紅葉(2) ~清凉寺・大河内山荘~

 光明寺の「もみじ参道」を楽 しんで、京都駅に戻った頃には、小雨模様の天気だったこともあって、京都タワーの灯りが時刻のわりには鮮やかでしたので、思わずカメラを向けてしまいましたが・・・ 家内は、食事処の案内図を照らしている灯りの方に関心があったようですので(笑)、ロボット(私)もすかさず同調することに しました。  財布…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都の紅葉(1) ~ 光明寺 ~

11月下旬から12月上旬の三日間、二人で京都の紅葉を楽しみました。 ロボット(私)の、これまでの旅行記事は、例えばこのように、行程表などで行き先を先に開示していましたが、今回は勿体ぶって、記事の更新まで待って頂くことにしました。<(_ _)>ゴメン 読まれる方が、さてはつまらん所を巡ったな~!!、と想像されるか…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

修学院離宮を参観

ロボット(私)と、その家族(と、云っても家内と二人暮らし)は、花見の時期に京都の寺社などを巡って歩くのが好きです。 何を隠そう、ロボット夫婦を河島英五の唄のタイトルに真似して表現すれば、二人は『酒 と煙草と男 と女』なので~す。(笑) つまり、歌詞 とは真逆で、二人はこれらの嗜好品とは全く無縁の生活ですから、その楽 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都・妙心寺 退蔵院と、その近くの法金剛院へ・・・

 今回の花見で訪れた京都は、二泊三日で楽しみました。  前日の「渉成園」では、京都観光とは思えないほどの「ゆったり気分」で名勝を堪能することができ、目的の花見も満足であったことに、家内は味を占めたようです。(^^♪  言い換えれば、足の運びがおぼつかなくなったことに伴う、単なる後期高齢現象?、なのかもしれませんが・・・(笑)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都・渉成園へ

4月初旬、花見で京都を訪ねました。 京都は、2015年の人気観光都市ランキングで、2年連続の世界第一位ということもあってか、ホテルですれ違う観光客の大半は外国人という感じでした。 ですので、清水寺や金閣寺など、定番の観光地は混雑に拍車がかかっているでしょうから、それらを避けてゆったりできる名勝地を訪ねて、のんびりと花見をして…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

京都を訪ねました(2)

 前編では、寺社での写真に専念して記事にしましたので、”いにしえの日本を思う” という感 じになりました。    しかし世の中は、12月のカレンダーを一枚残すだけとなって、街の夜景はLEDのキラキラが目につくようになっています。 そこで、後編はこの写真からスタートします。(^^♪ 京都タワー  そうです~!、“京都タワー”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都を訪ねました

2年連続で世界1位  世界的な影響力を持つ米国の大手旅行雑誌「トラベル+レジャー」が発表した2015年の人気観光都市ランキングで、京都市が2年連続で世界1位に選ばれたというニュースは少し前に話題になりました。  京都市は2012年は9位、13年は5位と順位を上げ、昨年初めて1位。 しかも、今年は2位以下の混戦を引き離しての首位、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都のぶらり旅 ③

インクライン(傾斜鉄道)  琵琶湖と鴨川を人工の水路やトンネルを開削 して結び、輸送、発電、灌漑、および飲料水などに利用することで、京都の近代化に大きな役割を果たしたのが琵琶湖疎水であることはよく知られています。 しかし、疎水と鴨川に35mの標高差があったそうで、その間を急勾配の斜面にレールを敷き、台車に船を載せて行き来させるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都のぶらり旅 ②

嵐山 嵐山といえば京都の代表的な観光地であり、そのシンボルは渡月橋なのでしょう!?。 でも、ロボット(私)は10年ほど前のこの記事で、天竜寺から竹林を抜けて嵯峨野の方を歩いた時の写真を紹介したのですが、その旅でも、3年前のこの旅でも渡月橋を渡りそこねたので、今回はお昼どきに合わせてここを訪ね、食後の休憩を兼ねてのんびり過ごして景…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都のぶらり旅 ①

今春の京都旅行は、宿の予約が遅れてお目当ての日程で計画できなかったため、出かける前から ”桜が散り始めました~!” と いう残念な情報も予想の範囲内でしたが、出発当日(4月8日)の朝の寒さと雪交じりのお天気は、ホリエモンが流行らせた言葉で云えば『想定外』でした。(ちょっと古かったかな~(笑)) タイトルにあるように、”ぶらり旅” …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

”錦秋の京都” を訪ねました(3)

<つづき> 六波羅蜜寺 この寺も紅葉を楽しむために訪ねたところではありません。( 一一) ここには、『ちょっと珍しい彫刻の立像があるので、その実物を是非見たい!』と云う家人の要望に応えて立ち寄った寺であり、これまた “タイトル泣かせ” なのであります。(笑) その彫刻は、空也上人(くうやしょうにん)立像で、作は運慶の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”錦秋の京都” を訪ねました(2)

<つづき> 智積院 旅の2日目の最初は智積院(ちしゃくいん)です。 この寺を訪ねようと思ったのは、豊臣秀吉が愛児「鶴松」の菩提を弔うために建立した祥雲寺(しょううんじ)の障壁画として、長谷川等伯(とうはく)に描かせた「松に秋草図」が、日本国宝展を見て、ここ智積院の寺宝であることを知ったからなのです。 智積院の金堂 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”錦秋の京都” を訪ねました(1)

ロボット(私)たちの「京都への旅」は、春の時期が多く、今年は ”京都御所と御室桜” を、昨年は ”隠れた桜の名所 原谷苑” をそれぞれ訪ねましたが、紅葉の便りに誘われて3年ぶりに ”錦秋の京都” へ行ってきました。 と、云っても、家人は加齢とともに、この世からあの世への憧れが増してきたのか?(笑)、ますます仏像や仏画に興味…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

仁和寺の御室桜

今年の春の京都旅行は、「花より御所」と明言して出かけたのですが、何を隠そう、実は、桜の代表格であるソメイヨシノは断念したものの、それより一週間から10日ほど遅く咲くという「御室桜」を、密かに期待していたのです。(笑) 御室桜と云えば仁和寺(上の写真は、その仁王門(山門)です)が有名ですが、昨年は開花前の様子をこの記事でお伝…
トラックバック:2
コメント:16

続きを読むread more

京都御所を訊ねました

前回の記事によって、ロボット(私)は「花より御所」と称して、桜の時期を避けて京都御所を訊ねる計画を予告しましたが、4月の中旬に下記の日程で、その旅を楽しんできました。 ここでは、二日目に訪ねた「京都御所」を記事にします。 行程表  日程行  程1日目東京駅=(新幹線)=京都駅<昼食>==JR宇治駅・・(歩く)・・平等院・・…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

京都の桜を訪ねました(完)

<つづき> 京都御苑の「桜」などを見ながら苑内を散策気分で一駅分歩いて縦断し、今出川御門を出ると、正面は同志社女子大学および同志社大学です。 NHK大河ドラマ「八重の桜」で知名度がさらにアップしたためか?、と思ったら・・・、どうやら、この日は、ちょうど入学式にぶつかったようで、男女の若者が歩道からあふれていました。 勿…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都の桜を訪ねました(2)

<つづき> 前の記事では、『原谷苑は、隠れた桜の名所』と云っていた割りには、桜の写真が少な過ぎるぞ~!」との声が読者さまから聞こえてきそうな気配ですので、桜の写真を2枚ほど追加いたします。(笑)(写真下参照) 淡墨(うすずみ)桜(左)と○○桜?(右) 写真右の「桜」は花びらが尖っている形で、珍しいので、係りの人に品種を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

京都の桜を訪ねました(1)

ロボット(私)が、昨年の夏に京都の円山公園に立ち寄ったとき、公園の中央にある枝垂桜の巨木を見て、桜の時期に再び来てこの公園を訪ねみたいと思ったのです。 一方、家内は、「桜の時期に京都を訪ねるときは、このときの旅程では外してしまった『東寺』を訪ねたい。 そして、その近くのお店にだけあるらしい『東寺餅』が、どんな味なのか?食べてみたい…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅(3)

<つづき> いよいよ旅も最終日。 わが家の女性陣 待望の錦市場や四条河原町界わいでのショッピング・タイムが午後から計画されています。 女性のショッピング好きには、ほとほと・・・ (この後は、声に出しては言えません。袋叩きにされるといけませんので(笑))(ーー;) 従って、この日は、歩いてでも帰ってこれるよう…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅(2)

<つづき> 前の記事の終盤では、あのときロボット(私)が、腹ペコであったことを思い出したからか?、夕飯の話を急ぎ過ぎてしまったようで(笑)、・・・ 実は、夕飯の前に立ち寄った場所があったのです。 それは、京都駅ビルの観光案内所。 翌日の「三尾」への交通機関が、JRバスしかなく、しかも本数が少ないという情報を得ていたこと…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅(1)

昨年は、京都の紅葉を訪ねたのですが、今回は京都の山里を歩いて「涼」と「史跡」などを楽しみました。 と、いっても、ロボットの現家族は、2対1で女性優位ですので、ショッピングは欠かせませんから、街中も歩くこととなりまして、「涼」だけでなく、ロボットとしては好まなかった「残暑」も満喫?しました。(笑) 京都の山里とは、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

のんびり旅で京都の秋を・・・(その2)

<つづき> 紅葉の色の調和が美しかった常寂光寺を後にして、嵐山駅へ向かって歩くこと20分、途中には芭蕉の門人・向井去来による俳諧道場だった「落柿舎(らくししゃ)」があるのですが、遠方に見て通過しました。 そこから少し歩くと、「源氏物語」の光源氏が未亡人の愛人を訪ねる場面で描かれている「野宮神社」を目の前にします。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more