テーマ:

「小保方晴子日記」を読みました

  『ブログを休んで、何をしていたのか?、と、思えば、、若い女性の日常生活を覗き見るような本を読む余裕があったのに・・・、けしからん!!』 と、叱られるかもしれませんが(笑)。  いい~ぇ、実は、先月、運転免許証の更新期限が近づいていて、そっちで、ちょっと訳があったのです。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」

タイトルは、ロボット(私)が読んだ本の題名です。 昨年の暮れに、同じ題名で映画が上映されていますので、既にご覧になった方や、あらすじをご存知の方が多いかと思いますが、未だご存知ない方でも、この題名から、結婚式を挙げるまでに普通では考えられないような特別な事態が生じたことを容易に推測でき、気を引かれるのではないかと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ぼくの泥棒日記」

ブログ名は、『ロボットのつれづれ日記』ですが、その変更を予定しているわけではございません。( 一一) 今回、題名が怪しい「本」を読んで、読後感を記事にすることにしたのですが、タイトルの位置がブログ名に近接していますから、小心者のロボット(私)としては、何となく気がかりですので、念のため申し添えました。(笑) 『ぼくの泥棒日記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羊と鋼の森

「第13回本屋大賞」を受賞(4月12日に発表)した著者・宮下奈都(なつ)の『羊と鋼の森』(ひつじとはがねのもり)<文藝春秋刊>を読みましたので、ネタバレにならない程度で記事にしてみます。(笑) ところで、本屋大賞は、2004年(平成16年)に設立された、「NPO法人 本屋大賞実行委員会」が運営する文学賞だそうで、一般の文学賞とは異…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天空の蜂」

ロボット(私)は、東野圭吾氏の小説が好きです。 家族愛を題材にした名作『手紙』は、とても感銘を受けた著書の一つです。 少し前になりますが ”秋の夜長” を涙なくしては読めませんでしたから、ここで読後感を紹介しました。 同氏の得意なジャンルであるサスペンスやミステリーでは、その代表作で直木賞を受賞した『容疑者Xの献身』などベスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恩師は敵か、味方か?!

 タイトルの口調が、前回の記事と同じようになってしまいましたが・・・。 ロボット(私)が右の本(『あの日』(講談社)著者:小保方晴子氏)を読んで、心に強く残った印象を、一言で表現したのですが、似てしまったのは「偶然」?(笑)です。  さて、この本が発行されたのは1月28日、小保方氏はその2年前である2014年の同日に、STAP細…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蛭子さんの「本」を読んでみました

と、言っても漫画の本ではありません。(笑) それくらい、「蛭子さん」と言えば『漫画』、そして、顔立ちも、あの “ポワ~ン” (笑) とした『蛭子能収(えびす よしかず)氏』を思い浮かべるのが普通になってしまいました。 しかし、氏は、漫画家としてだけではなく、30年以上前からテレビにも出演しているそうで、10年位前からは、太川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長寿は幸福か?

タイトルの「長寿は・・・?」は、ロボット(私)が疑問を投げかけているのではなく、最近読んだ遠藤周作 生誕90年を記念して発行されたこの本(「老いてこそ遊べ」著者:遠藤周作、河出書房新社発行)(写真右参照)のエッセー集に掲載されている一篇の表題なのです。 著者が、この本の他の篇で書いている中に、彼は何度も入院生活をされ、一度は大病で…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「私、すごく太ったでしょう」・・・??

上のタイトルを見てブログを間違えたかな~、と、思われた方がいらっしゃるかも知れませんが、そんなことはございません(笑)・・・(右の絵は、腹が出ていますが記事と関係ありません。写真の説明はこちらをご覧ください。) 実は、“本の紹介”とか、“こんな本を読みました”のタイトルでは、在り来たりですので、本に書かれた文中の言葉を一つ引用して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな本を読みました

ロボット(私)は、この日も家でのんびりしていましたので、お昼近くになると、いつものように、家内から買出しのためのアッシー君を要請され、軽い腰をあげました。(笑) 出かける時間が何故お昼直前なのか?や、出かけた先の大手スーパー内でのロボットの振舞いについては、以前にこの記事で話しをしましたので省略しますが、この日も、家内の買物コーナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信頼は98%。あとの2%は・・・

暫らくブログ活動を休止していましたが、やっと体調が戻りましたので再開いたします。 「高がブログ」と、云ってしまえばそれまでですが、今回の休止に際しては、ブログを通じてロボット(私)への体調のお気遣いや激励のメッセージを頂いたことに、とても感謝しております。 打撲や骨折でもないのに、股関節部分に原因不明の激痛が走り、歩行が困難…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

「セカンド・ラブ」

上のタイトルを見て、思わず・・・ ♪・・・抱きあげて~ 時間ごと 体ごと 私をさらって欲しい~♪ と、口ずさんだ読者さまがいらっしゃるかもしれませんね。(笑) この歌は、確か30年ほど前、中森明菜によって歌われて大ヒットした(写真右上参照)二度目の恋に対する女心を切々と・・・ でも、その歌のタイトルとは違うのです…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

「羊が一匹、羊が・・・」を英語で数えると眠れる?

三日前の読売新聞(夕刊)で『眠るには羊は数えない?』というタイトルの記事(写真右参照)が目に留まりました。 <注:著作権の関係で、詳細は読めないように加工したのでお許しください> この記事は、比較的 目立つように掲載されていましたので、ご存知の方が多いと思いますが、その内容を簡単にご紹介しますと・・・ <新聞記事の概要> …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二つの珍しい場所?を訪ねてみました(1)

この日、午後からは、友人と東京都美術館へ行って、友人の知人が出品している絵画展を鑑賞することになっていましたが、折角、外出するなら・・・ と、ロボット(私)は、朝食を済ませると、直ぐに家を出ました。 友人とは夕食を共にする約束でしたので、家内には、この記事でもお話をしました欠食届をロボット流の手順によって出したことは云うまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな本を読みました

ロボット(私)は、半年ほど前から毎日が日曜日になりましたので、このゴールデン・ウィーク中には敢えて・・・、と、いうことで、図書館で借りてきたCDで、懐かしい歌などを聴いたりして、家で過ごす時間が多かったのです。 そして、こんな本(写真右参照)も読みました。 埼玉県人のロボットが何故?、と思われるかもしれませので、順序として、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫への誕生日プレゼントで・・・??

恥を承知で・・ 突然ですが、みなさんは、「午前」、「午後」という言葉の意味をご存知ですか?、、お昼(12時)より前か、後か、いう意味のことを伺っているのではなく、語原と言ったらいいのか・・・ やはり、ご存知でしたか!、、恥ずかしながらロボットは知りませんでした。と言うか、ロボットは以前から、誰もが寝静まった深夜の2時~2時半…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「源氏物語」へのアプローチ

紫式部の「源氏物語」を、ロボットは、学校の教科書で教わったことしか知りませんでした。(ーー;) と、白状してしまいますと、当時の学校の先生が聞いてたら、「それなら、ロボットは何も知らないのと同じことだ~!」と、おっしゃるに違いありません。(笑) それは、学校ではほとんど何も教えていない。と、いう意味ではなく、ロボットの通信簿…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

秋の夜長に・・・、そして涙!?

日本では、旧暦9月を長月(ながつき)と呼び、現在では新暦9月の別名としても用いているようです。 長月の由来は、「夜長月(よながつき)」の略であるとの説が最も有力だそうです。 「秋の日は釣瓶落とし」という言葉もあるように、秋の日は暮れやすく、夜が長いですね。 ここで、「灯火親しむべし」と言ってしまうと、秋の夜長は「○○」…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

また、「老い」の本を読んでしまった・・

近ごろロボット(私)は、 「老い」のことが、どうやらこれまで以上に気になっているようです。(ーー;) 例えば、本屋さんへ入ってから読みたい本を探す場合が少なくありませんが、その際、タイトルに「老い」の文字がある本の前で、足の進みが自然に止まり、手が自然に伸びて・・・(笑) 喉が渇けば水が飲みたくなり、腹が減ればご飯が食べたく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

この本を読んだら著者と友人になれた気分に・・!?

ロボット(私)の趣味には、このブログのプロフを覗いて頂くと分かるように、「読書」が含まれていません。 つまり、それほど熱心に本を読む方ではないのですが、通勤電車の中では暇ですので、必需品的存在といった程度の読書です。(笑) そして、車内では吊革につかまっていることが多いので、周囲に迷惑がかからないようにして読んでいることをこ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

じっと我慢、我慢、そしてその後・・・!?

ゴールデンウイーク(GW)を過ぎた直後の記事なのに、このように淋しいタイトルでの更新は、前回の記事を読んで頂いた読者、ブロ友、友人、etc.の方々にはご理解を頂けるものと・・・ いいえ、そのような<まえおき>の前に申し上げなければなりません。 このたびは、それぞれの方々からご心配を頂いて、心温まる「お見舞い」、「励ましのお言葉」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな本を読みました・・・

私(ロボット)は、「本をあまり読まない人」の分類に入ると思いますが、それでも月に何度か本屋を覗きます。 先日、本屋へ入って、とりあえず、今売れている本はどんなモノがあるのかな~?、と思い、売れ筋の本がその表紙を前面に向けてランキング順位に沿って並べられている棚を見ると・・・、表紙にTVで見覚えのある顔が映っている本が、ベスト10の…
トラックバック:0
コメント:34

続きを読むread more

幸せって何だろう!

タイトルを「幸せって何だっけ!」と書くと、フジテレビのこの番組、あるいは、あなたがご存知のこの人のこの場面を思い出させてしまって、ロボットが記事にしたいことのイメージとは違ってしまうので、言葉を少しだけ変えてみました。(笑) それでも、使い古された言葉なので、みなさんから『いまさら何が言いたいの?』と云われそうで心配です。(ーー;…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

映画「おとうと」を観ました

1ヶ月ほど前になりますが、私(ロボット)は家内から「映画を観に行きたいわ~!」と誘われた。 旅行に行きたいときに謎をかけるのは家内だが、映画のような手軽な娯楽はロボットから声を掛けることが多い。 我が家だけでなく、本質にかかわらない高額消費に対する主導権は主婦が握っている家庭が多いらしい。(笑) 【その話は、別の機会に譲る…
トラックバック:2
コメント:20

続きを読むread more

親に殺される子どもたち

この記事のタイトルは、私(ロボット)が考えた言葉ではありません。 2年ほど前にロボットが読んだ本「10年後の日本」(発行:文藝春秋)の中の「家族の絆と子どもの未来」の章でタイトルになっていたことを思い出し、あらためて、その本(写真右参照)のページをめくり直して確認した言葉なのです。 何故かと言えば、先日(1/25)の新聞で報…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

松本清張生誕100年記念展へ

  私は、あまり本を読む方ではないのですが、たまたま『点と線』や、松本清張本人が「私は自分のことを滅多に小説には書いていない。いわゆる私小説というのは私の体質に合わないのである。・・・55歳を過ぎると少し気持が変わってきた。」と、<あとがき>に述べていた『半生の記』などの作品を読んでいたので、清張小説の魅力や作家以前の暮らしぶりなどを…
トラックバック:1
コメント:30

続きを読むread more

「坂の町・江戸東京を歩く」・・・

"この木なんの木、気になる木~♪”といえば、TVでおなじみのCMソング「日立の樹」(作曲:小林亜星)を思い浮かべますが、あの樹は全て日本で撮られたものではないそうですね。  それでは上の樹、なんの木でどこにある木かお分かりですか?(答えは、上の写真をクリックしてみて下さい。)  この樹と「日立の樹」…
トラックバック:5
コメント:39

続きを読むread more

こんな本を読んで・・・!?

私の貴重な、そして安全な?読書の時間帯については、この記事「あなたのご家庭は、どのタイプ?」の中でご紹介しましたので、・・・省略します。(笑) そして、読んだ本の感想などを何回かブログに投稿しました。 主なものを欄外にまとめましたので、興味を引きましたら覗いて見て下さい。 さて、今回は、そのようにして右の写真の本を、仕事に役に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「四国遍路」を読んで歩きました・・・!?

有縁千里さんの10月15日の記事で、辰濃和男著「四国遍路」があることを教わりました。 四国遍路については、TVで放映されるのを見て知る程度のことしか解りませんでしたので、是非読んでみたくなりました。 著者が初めてお遍路をしたのは、記事を書くのがっきかけで44歳のときだそうですが、そのとき決めた思いを、68歳から70歳までの間…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

こんな所で、どんぐりを見つけた!?

男児の孫が、今月で2歳9ヶ月になりました。 「ベビーカー」や「抱っこ」から離れて、一人で歩ける時間も長くなったので、爺婆も一緒で旅行をしようか~♪、と、いうことになったのでしょう、、娘夫婦からお声がかかりました。(^^♪ 勿論、二つ返事でOKし、今月下旬の孫との“初旅”(2泊:箱根)を、2ヶ月前から楽しみにしていました。 …
トラックバック:0
コメント:51

続きを読むread more