テーマ:散歩

観梅会へ―三渓園―

三渓園(横浜市)へは、過去にもブログ仲間の記事を拝見したことがきっかけで、一人で出かけたことがある。 そのときの様子は、ここの記事で書いた。 今回は、友人が「是非行きたい!」と声をかけて来たので、一人で行ったときには気が付かなかった所の再発見があると思い、一緒に出かけることにした。 前回は「花菖蒲」の時期だったが、今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京新発見の散歩!?

東京の隣県に住んでいますが、意外と東京を知りません。 この日は、家内が友人と和倉温泉(石川県)へ出かけたので、一人で久しぶりに東京を散歩しました。 起点は渋谷駅、駒場公園を目標スポットとしてぶらぶら2時間ほどの散歩コースを、お昼ご飯の腹ごなしとして最適な時間に歩き始めました。 改札口を出るとハチ公前広場は、若い人で賑わ…
トラックバック:1
コメント:38

続きを読むread more

三渓園と下村観山展へ

土曜日(24日)の休日に、電車を利用して「三渓園」へ散歩に出かけました。 散歩といっても、埼玉県から東京都を越して、神奈川県は横浜市の本牧(ほんもく)までですから、地図を広げて直線距離で見ますと約55km先となる庭園です。 現地まで、電車とバスの乗り継ぎで、約2時間半かかりました。 「三渓園」は良い所で、“一見の価値あり”…
トラックバック:1
コメント:39

続きを読むread more

妻の定年!?

私は、定年を過ぎて労働の負荷が激減(出勤日が半減)しました。 毎日が日曜日、というわけにはいきませんが、休日が多くなったので家事の手伝いをすればよいのでしょうが、私はブログ仲間の誰かさん?(笑)と違って、台所仕事が苦手です。 従って、妻の労働の負荷は以前と何ら変わりません。 定年を過ぎたと云っても、僅かでも勤務日がある…
トラックバック:3
コメント:48

続きを読むread more

ウメが見ごろと聞いて出かけてきました!

関東地方は11日(土)、身も心もウキウキするような陽気になりましたので、ウメが見ごろと聞いた赤塚城跡公園へ出かけてきました。 場所は、東武東上線成増駅(東京都板橋区)下車 徒歩25分の所にあります。 近くには、区立郷土資料館、区立赤塚植物園、区立美術館、赤塚溜池公園、そして東京の名所に数えられている東京大仏(乗蓮寺)があります。…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

懐かしい秋を見て歩きました!?

案山子(かかし)を見ますと、何故か子供の頃を思い出します。 きっと、虫網を持って畦(あぜ)道を走った記憶が焼き付いているからだと思います。 今日は、童心に帰って「山田の案山子」を見に行くことにしました。 少し、遠出の散歩になるのですが、隣の市(川越市)に山田町と云うところがあって、ここでは毎年『案山子コンクール』を開催してい…
トラックバック:2
コメント:26

続きを読むread more

「蔵の街とちぎ」を訪ねて(文学編?)

この記事は、前回の記事「蔵の街とちぎ」を訪ねて(散策編?) の続編ですので、旅をした経緯は、ご面倒でも前回の記事をご覧下さい。 私は、朝九時に和光市駅のロータリーで、彼のクルマを待ちました。(和光市:埼玉県、駅名:東武東上線) 待ち合わせの場所には、約束の時間より30分前に到着しているのが常ですので、今日も時間に余裕がありま…
トラックバック:1
コメント:18

続きを読むread more

「いま何時?!、・・・」が、懐かしい

きょうは、久しぶりで散歩をしました。 私の散歩コースには、富士山がいつもくっきり見えるビューポイントがありますが、きょうは素通りです。 あるお宅の庭に小さな花が咲いていましたので、シャッターを切りました。 花の名前を、帰宅して家人に訪ねたら、『三時頃になると咲く(開く)から「三時草」と言うそうよ!』とのこと。 道端でも…
トラックバック:1
コメント:23

続きを読むread more

時代塀のお宅の中へ?

ブログのお陰で、こんなものを拝見させて頂きました。 過去の記事:【珍景】富士山?のための写真を撮影していました。 無断で他人のお宅の写真を撮ったまま、黙って退散するのも、何だな!と思っていると、偶然(いゃ、怪しい奴だと思って出てこられたのか?)ご主人の後ろ姿が見えたので、ご挨拶をし、事情をお話ししますと、「どうぞ!どうぞ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

【珍景】富士山?

 私の散歩コースには、富士山をいつでもくっきり眺められるビューポイントがあります。  このような書き出しですと、富士山の近くにお住まいの人が、「そんな馬鹿な!」と、血相を変えて飛んできそうです。(笑)  ブログの管理人といたしましては、嘘を書くことは御法度ですので、書き出しのビューポイントを証明しなければなりません。  …
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more