テーマ:50代以上のblog

始動

今年の は天候に恵まれ、三が日も で穏やかでしたから、初詣に た方が多かったのではないでしょうか。 (私)のブログも、例年ですと『初詣』の記事でスタートするのですが、今年は・・・。 それでも、元日にお雑煮を {%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

あけまして    おめでとうございます ロ ボット( 私)のブロ グは、今年で十四回目の新年を 迎えることができました。 これもひとえに、皆様方の励ましのお陰でござい ます。 誠にありがとうござい ます。 拙い記事ですが、今年も加齢に抗して頑張る所存です。 旧年同様のご愛読と、足跡の「気持玉」を賜ります…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

“ トランプ ” は 嫌い? 私、好きなんです!!

何故、最初の画像が この地図なのか?、それは、ご想像にお任せすることにして・・・。(笑) それにしても、パズルのようなへんな地図だと思われるでしょうから、レンズを引いて全体をお見せしますと ハイ、このとおり、「3Dジグソーパズル」の地球儀なんです。 このパズルの詳細については、ここの記事でご案内しました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉めぐりで京都へ(3)

天龍寺 「紅葉めぐり」の最後は、ここ天龍寺です。 大きな石柱の寺標に「大本山」と刻まれているように、この寺は臨済宗天龍寺派の大本山であり、南禅寺は別格として、京都五山第1位の格式を誇るそうです。 しかし、家内が興味を示す仏像は存在しませんので、彼女が示唆するには、この寺もロボット(私)のための「紅葉めぐり」と云うこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉めぐりで京都へ(2)

紅葉めぐりの二つ目は、実相院で、この寺です。 この寺は、京都大宮御所から移築された四脚門・御車寄せ・客殿などが建ち、門跡寺院としての格式を伝えているとのことです。 そして、京都市左京区岩倉にあることから、岩倉御殿や岩倉門跡などとも呼ばれているそうです。 ロボット(私)が、紅葉めぐりに、この実相院を選んだ理由は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉めぐりで京都へ(1)

京都へ11月下旬~12月上旬 の三日間、紅葉を訪ねて ”のんびり旅” をしました。 歳を重ねるたびにのんびり度が増 し(笑)、今回は一日1景で、3景を楽しみました。 その一つは、JA東海のCM「そうだ 京都、行こう。」の2018年 ”秋” の舞台である一休寺(正式名称は酬恩庵(しゅうおんあん))、二つ目は、「床もみじ」で知ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”おやじバンド”の ライブを楽しみました

ロボット(私)が、このようなタイトルの記事を書くと、古くからの”ブロ友”や愛読者様は、不思議に思うかもしれません。 何しろ、一昔前にロボットはここで、自分の音楽的センスを暴露しておりますから、・・・。( 一一) でも、娘が趣味で某吹奏楽団に参加し、母親になっても抜けきれないでいる影響で、孫(K君)も部活でこのように音…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

町内会の行事「郷土探訪」に参加 して

ロボット(私)の出生地は『東京』ですが、太平洋戦争の戦禍を免れるため、幼少期をその地で育まれることなく、地方へ転居 しているので、真の郷土は存在しないと言ってよいかもしれません。(◞‸ლ) ですから、戦後になって新たに定住した東京の片隅 にある某地 は、小学校と中学校時代の生活を含む10年間を過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「社友会」で浅草へ

ここで「社友会」とは、ロボット(私)が定年退職した会社の、退職者による同窓会のようなもので、・・・ 会社の事業所ごとの退職者で構成されている支部組織と、各支部組織をまとめる本部組織とからなり、会社には世話人がいて資金も一部会社が補助 し、各支部の総会へは会社役員が出席するなど、退職後も、当時の同僚や現職会社役員などと親睦を図ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

”ロボット” のブログがランキング第1位に!?

「そんなバカな~!?(怒)」、と、おっしゃりたいですよね!(笑) 確かに、『記事の更新は忘れた頃にポツリ、ポツリですし、そしてその内容も何のとりえも・・・。』 ハイ、ですから、お怒りや驚きはごもっともだと思いますが、まぁ、そうおっしゃらずに、話を聞いて頂きたいのです。 (1)先ずは、そのような…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「散歩」と「折り紙」

ロボット(私)が、日課の散歩(ウォーキング)で有酸素運動による健康効果だけでなく、筋力低下などを補う目的もあって、5年ほど前に散歩コースを変更したのですが、・・・。 そのことによって、ご近所付き合いがない遠方の子どもたちと出合い、親しく戯れたり親御さんとも会話の機会が生じて、変更の目的になかった「楽しみ」が加わり、散歩の励みになっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「シュウメイギク(秋明菊)」のその後

当ブログにおいて、先月のこの記事で、『今年はシュウメイギク(秋明菊)が例年より元気なようで・・・。』 と、云ってご案内 したのですが、あのままでは ”尻切れトンボ” のようで・・・。 ( 一一) つまり、あれではロボット(私)の気持ちがスッキリしませんので(笑)、勝手ですが、「その後」をご覧いただくことにします。{%表情お願いde…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫の運動会

ロボット(私)の孫は、娘が手を焼くようになった年齢の男子二人(中3:K君、小5:S君)です。 このブログでは、「孫」のテーマが上位を占めているのですが、二人の孫が一緒で登場するのは、こんな小さい頃や、幼稚園の頃までが大半で、特に最近は記事自体が少なくなっています。 そこで、先月の下旬に、電話で「S君の運動会が・・・」、と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巾着田曼珠沙華まつり

埼玉県日高市の巾着田(きんちゃくだ)で彼岸花(別名:曼珠沙華(まんじゅしゃげ))が見頃と聞いて、出かけてきました。 お目当ての場所は、いうまでもなく、巾着田曼珠沙華公園です。 ロボット(私)は、「巾着田曼珠沙華まつり」(9月15日~30日)の中日に訪れました。 最寄り駅は、西武池袋線「高麗駅」ですが、この期間中は臨時列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「暇活」

「就活」は、ご存知のように就職活動のこととして一般に使われていますが、ロボット(私)がその活動をしていた頃には使われていなかった略語で、それ自体(字態?(笑))には縁がなかったと記憶しています。 でも、念のため(何しろ近頃は物忘れが日常茶飯なものですから(笑))調べてみましたら、1999年11月発行の『現代用語の基礎知識(2000…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あの時、もし徐行運転だったら正面衝突かも!?

あの時、ロボット(私)が左折しようとしていた交差点は、いつもの道路で、信号の無い上の絵のよう情景の所です。 もう少し詳しくご説明しますと、ロボットが走っていたのは、対面通行が可能ですが、クルマのすれ違いがやっと、という狭い道路で、センターラインは引かれていません。 一方、左折しようとしていた道路は、センターライン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅③ ~大堰川の「舟遊び」と「トロッコ列車」で嵐峡遊覧~(後編)

ここは、トロッコ嵯峨駅のコンコースです。 この日の、もう一つの楽しみは、”トロッコ列車の旅” 。 ロボット(私)は、童心に返りました。(笑) と、云っても、実は「舟遊び」よりも先に遊んだのが、こちらだったのです。 それは、今回の旅の宿が、京都駅前のホテルでしたから、「嵐山」よりもトロッコ列車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅③ ~大堰川の「舟遊び」と「トロッコ列車」で嵐峡遊覧~(前編)

この日は、終日 嵐山とその周辺だけで、旅の楽しみを満喫 しようという計画です。   タイトルでは、「・・嵐峡遊覧」としましたが、”嵐峡” は、「らんきょう」と読ませるようで、ロボット(私)が考えた言葉のタイトルではなく、現地のキャッチ・コピーか何かで目について記憶に残っていたので、引用しただけなのです。( 一一) しかし、大堰…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅② ~創業千年、日本最古の茶店を訪ねて~

ここは、今宮神社です。 京都には、多くの祭があり、時代祭や祇園祭など特に有名なものは「京都三大祭」ですが、それとは別に、独特な風習を残す「鞍馬の火祭」など特徴的な祭を「京都三大奇祭」と呼び、その一つである「やすらい祭」(国の民俗無形文化財に指定されている)を祭礼としているのが、この神社で、洛北に位置し、前回の鈴虫寺と同様に、京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の旅① ~鈴虫の鳴き声を訪ねて~

ロボット(私)の家族は、「京都の旅」が好きです。 それは、京都で ”見る” 、”食べる” の対象物に、私たちの興味を引 くものが多いからだと思います。 とは言っても、京都は連日、最高気温 38℃を報 じていましたから・・・。 ホテルを予約 した2ケ月前には、ここまでとは予想できませんでしたので、やむを得ませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「小保方晴子日記」を読みました

  『ブログを休んで、何をしていたのか?、と、思えば、、若い女性の日常生活を覗き見るような本を読む余裕があったのに・・・、けしからん!!』 と、叱られるかもしれませんが(笑)。  いい~ぇ、実は、先月、運転免許証の更新期限が近づいていて、そっちで、ちょっと訳があったのです。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

お休みします

都合により、少しお休みします。 再開の際には、これまでどおりの 、 ご交誼、ご愛読をお願いいたします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月のこよみ

観光地では、ゴールデンウィーク(GW)の終盤を楽しむ人で、さぞかし賑わっていることでしょう。 でも、ロボット(私)は、一年中がGWといえる状態ですので(笑)、どこも混雑するこの週は、むしろ、ゴロネン(転寝)ウィーク(?)を決め込んでいます。(笑) それでもチョット前(?)までは、こんな工夫をして出かけて、記事にしたことを記憶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日の花

デンドロビューム 1~12月までのそれぞれの日に対して、異なる花が割り当てられており、自分の生まれた月日にちなんだ花を「誕生日の花」というそうです。 ロボット(私)が、このことを知ったのは、深夜にNHK のラジオ放送(番組名:ラジオ深夜便)を聴くようになってからで、最近のことです。 と、申し上げると、”ブロ友” や…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「新年度」と「ホワイト」の話

ロボット(私)は、会社勤めの時分、4月の “年度” の変わり目を、一年の節目として意識 しないなんてことは有り得ませんでした。 何 しろ、その変わり目が近づくと、仕事での「一喜一憂」が増幅されたものです。( 一一) しかし、勤めが終わってからは、“年度” の変わり目に対する意識は極端に薄れ、“年” の変わり目だけが節目として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山野草の「キクザキイチゲ」が咲きました

今回の記事を投稿するにあたって、頭に浮かんだ言葉が「うめ草」でした。 タイトルが『山野草・・・』だからではありません(笑)、今月に入ってブログを更新していないので、何かの記事で埋めなければ、3月は穴が開いてしまうからです。(◞‸ლ) ロボット(私)は、若い頃に会社の「社内報」の編集にかかわ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春を探しに・・・

訪ねたのは、ここ「板橋区立赤塚植物園」です。 板橋区民ではありませんが、入園料は無料なのです。 でも、ロボット家は七十年前の頃は、板橋区へ納税(父親が)をしていましたから、引け目を感じることなく観賞させて頂くことにしました。(笑) 赤塚植物園までは、東武鉄道の成増駅から徒歩16分の距離ですから、往復で30分余り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節分

 前回の記事では、窓から雪景色を眺めながら、天に「感謝」を・・・、でしたが、その雪が、10日間過ぎても記録的な寒気のせいで溶けきらないうちに、再度の降雪ですから・・・。 後期高齢者としては、遠出の外出はもとより日課の散歩も儘ならないので、「感謝」の気持ちをキャンセルしたいくらいで~す。( 一一)(笑) と、いうことで、記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

娘の「定期演奏会」へ

クルマのラジオが、『明日は、関東地方に大雪!!』との予報を告げていた日曜日、家内を助手席に乗せて、娘(二人の男児を育てる母親)が趣味で所属する某吹奏楽団の「定期演奏会」へ出かけました。 月曜日の昼頃から降雪があり、その日の夕方には相当な積雪量になったので、天候が一日手前へずれていたら演奏会どころの話ではなかった・・・ と、振…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」

タイトルは、ロボット(私)が読んだ本の題名です。 昨年の暮れに、同じ題名で映画が上映されていますので、既にご覧になった方や、あらすじをご存知の方が多いかと思いますが、未だご存知ない方でも、この題名から、結婚式を挙げるまでに普通では考えられないような特別な事態が生じたことを容易に推測でき、気を引かれるのではないかと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more