テーマ:

「シュウメイギク(秋明菊)」のその後

当ブログにおいて、先月のこの記事で、『今年はシュウメイギク(秋明菊)が例年より元気なようで・・・。』 と、云ってご案内 したのですが、あのままでは ”尻切れトンボ” のようで・・・。 ( 一一) つまり、あれではロボット(私)の気持ちがスッキリしませんので(笑)、勝手ですが、「その後」をご覧いただくことにします。{%表情お願いde…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巾着田曼珠沙華まつり

埼玉県日高市の巾着田(きんちゃくだ)で彼岸花(別名:曼珠沙華(まんじゅしゃげ))が見頃と聞いて、出かけてきました。 お目当ての場所は、いうまでもなく、巾着田曼珠沙華公園です。 ロボット(私)は、「巾着田曼珠沙華まつり」(9月15日~30日)の中日に訪れました。 最寄り駅は、西武池袋線「高麗駅」ですが、この期間中は臨時列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「暇活」

「就活」は、ご存知のように就職活動のこととして一般に使われていますが、ロボット(私)がその活動をしていた頃には使われていなかった略語で、それ自体(字態?(笑))には縁がなかったと記憶しています。 でも、念のため(何しろ近頃は物忘れが日常茶飯なものですから(笑))調べてみましたら、1999年11月発行の『現代用語の基礎知識(2000…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

誕生日の花

デンドロビューム 1~12月までのそれぞれの日に対して、異なる花が割り当てられており、自分の生まれた月日にちなんだ花を「誕生日の花」というそうです。 ロボット(私)が、このことを知ったのは、深夜にNHK のラジオ放送(番組名:ラジオ深夜便)を聴くようになってからで、最近のことです。 と、申し上げると、”ブロ友” や…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「新年度」と「ホワイト」の話

ロボット(私)は、会社勤めの時分、4月の “年度” の変わり目を、一年の節目として意識 しないなんてことは有り得ませんでした。 何 しろ、その変わり目が近づくと、仕事での「一喜一憂」が増幅されたものです。( 一一) しかし、勤めが終わってからは、“年度” の変わり目に対する意識は極端に薄れ、“年” の変わり目だけが節目として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山野草の「キクザキイチゲ」が咲きました

今回の記事を投稿するにあたって、頭に浮かんだ言葉が「うめ草」でした。 タイトルが『山野草・・・』だからではありません(笑)、今月に入ってブログを更新していないので、何かの記事で埋めなければ、3月は穴が開いてしまうからです。(◞‸ლ) ロボット(私)は、若い頃に会社の「社内報」の編集にかかわ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春を探しに・・・

訪ねたのは、ここ「板橋区立赤塚植物園」です。 板橋区民ではありませんが、入園料は無料なのです。 でも、ロボット家は七十年前の頃は、板橋区へ納税(父親が)をしていましたから、引け目を感じることなく観賞させて頂くことにしました。(笑) 赤塚植物園までは、東武鉄道の成増駅から徒歩16分の距離ですから、往復で30分余り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日課の散歩で秋色と冬色(?)を撮りました~♪

ロボット(私)が、日課の散歩(ウォーキング)で、一日に 8,000歩ほどを歩き、遠方の児童公園に立ち寄って、子どもたちと戯れていることは、既にお話しをしました。(例えば、この記事を参照) その散歩コースは、、春になれば、このような桜花爛漫を楽しめるのですが、晩秋のこの時期では、みなさんの記事で拝見させて頂いているような素晴らしい秋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

散歩の話(2)

ロボット(私)は、会社勤めが終わった6年ほど前、4km/日の散歩(ウォーキング)を日課と決めました。 “三日坊主”になるのではないか?、と、心配 もしましたが、3日を無事に過ぎたら、3年もクリヤーし、早いもので、ラッキー「7」が見えてきました~。(^^♪ 振り返ってみると、手前味噌になりますが、それなりの工夫をしたことが継…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

真っ直ぐに生きる・・・

花(A):私は10年以上前にこの世で咲いていたの。      その時、彼は私の容姿を間近でジーと見て、      その日の夜に、こんなことを言ったわ!。      それを聴いて、なるほど~、と思ったり、私た      ちは昔から人々の想像力に素敵な影響を与      えていたのだな~、と思って感動 したわ!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治神宮御苑へ

明治神宮御苑の「花菖蒲」が6月初旬より咲き始め、見ごろを迎えていると聞いたので、日頃の散歩(ウォーキング)を兼ねて出かけてみました。 ロボット(私)の家からは、「東武東上線」で池袋へ出て、「山手線」を利用するルートですので、手前の「代々木駅」で下車してもよかったのですが、「原宿駅」まで乗って行きました。 何しろ、「原宿駅」は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清澄庭園へ

都立9庭園の一つである清澄庭園(きよすみていえん)のキャッチコピーは、緑陰の水面に歴史を映す、明治の代表的 「回遊式林泉庭園」 となっており、「緑陰」は、俳句では夏の季語だそうですから、もしかすると訪ねるには少々早めだったかもしれませんが、ロボット(私)の目的であった、2万株のツツジが咲き誇る「東京のつつじの名所」として訪ねるには、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都立「林試の森公園」へ

名残惜しそうにカワズザクラの下でお花見を楽しんでいる人がいました その傍らでは・・・ 倒木が放置されたままになっています。でも、これがレガシーだとか・・? 先日は、ロボット(私)が月に一度の “男の隠れ家” を楽しむ日でしたから、いつものように早めに出かけて、日課のウォーキングを兼ねて『林試の森公園(りんしのも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練馬区立「牧野記念庭園」へ

この日は、東京で「春一番」が吹iいて暖かかったので、予定よりも早く出かけて、何度か訪ねたことのある「牧野記念庭園」に立ち寄ってみました。 この庭園は、駅から近くですから、同沿線方面へ出かけたついでに訪ねるのにも好適です。 300種類以上の草木類が植栽されているそうですが、比較的に短時間で観賞することができて・・・ 早い話が、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザの予防接種を・・・

今年はインフルエンザの流行が早いようで、11月の中旬頃 からその兆 しが報道されています。 それによると、東京都内の幼稚園、小学校~高等学校における学級閉鎖の数は、11月20日現在で、昨年の同時期の3倍以上になっているそうです。 さて、これまでロボット(私)は、数年前に一度だけ予防接種を受けたことがあります。 家内が、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

深まる秋、公園を歩いてみました

ロボット(私)は、きまって1回/月、家族に公言して男の隠れ家へ出かけ、午前様になる少 し前に帰宅 すること(その理由はここで述べましたので省略です)にしています。(笑) 今月も、出かける日が下旬になりましたから、男の隠れ家での本番の前に、深まる秋を目でも楽しもうと、東京都の「光が丘公園」と、練馬区の「四季の香公園(しきのかおりこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代々木公園の「バラの園」へ

若者で溢れる、渋谷、原宿・・・・ その中間に広がる代々木公園、ここの『バラの園』が見頃と聞いて、5月下旬に行ってきました。    23区内の都立公園(庭園を除く)は、40個所ほどあるようですが、代々木公園はその中で5番目の広さだそうです。 ロボット(私)の計算が間違っていなければ、東京ドームの球場の広さの約40個分です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空気みたいなもの?!

今月の中旬にロボット(私)の連れ合いが入院 し、手術をした。 と、云っても「手」の病なので命に別状はないから「一大事」ではないが、本人にしてみれば生まれて初めての「入院」である(四十数年前に出産での入院は経験しているが・・・(笑))ことと、手の指に強い痛みとしびれがあったそうだから、容易ならぬ出来事であったかもしれない。 主治医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無題

久しく記事の更新をしていませんので、『奴も、とうとうボケ始めたか?』 と、ロボット(私)のブログを覗いてくれている友人が無用な(?)推測をしても困るので、更新することにしました。(笑) と、云っても、記事のネタも、適切なタイトルも思い浮かばないので、そのような兆候が全くなしとは言えないのかも・・・。( 一一) 何しろ、ボケは…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春を告げる庭の花

我が家の玄関前には、猫の額ほどのスペースがあり、そこに家内が草花を植えて、楽しんでいます。 ロボット(私)は、まったく無関心だったのですが、ブログを始めてブロ友の「花」の記事を拝見するようになってから、いくらか事情が変わりました。(^^♪ つまり、ブログ記事の ”ネタ切れ” の際に、ロボットの下手な文章の日記で更新するよりも…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「キツネノカミソリの里」へ

記録的な酷暑にうんざりの今夏でしたが、さすがに秋の気配を感じるようになり、「高齢者の熱中症・・・」のテロップもTV画面から影をひそめました.。 そこで、これまでは外出を避けていた日中、久しぶりに花の観賞ということで、新座市(埼玉)の「キツネノカミソリの里」へ行ってきました。 しかし、ブログの休み明け初記事となりますので、その…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「春」を探しに・・・!?

本題に入る前にチョと脱線するようですが、ご辛抱ください。 と、云うのは「定年」を迎えた(または近く迎える)男性ならば、ロボット(私)から申し上げなくても、既に承知之助なのでしょうが・・・。 つまり、その世代の奥さんは、夫が1日中在宅するようになることで、ある病気に罹ってしまうそうです。 その病を『主人在宅ストレス症候群』と呼ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

板橋区立赤塚植物園へ

立秋がとうに過ぎて、秋もたけなわに入ったことは、家にこもていても、肌で感じる昨今ですが、「目でも感じて楽しんでこよう~!!」、と考えて、日課のウォーキングを兼ねてタイトルの赤塚植物園へ出かけてきました。 ロボット(私)は、埼玉県在住ですから、板橋区(東京)には納税義務がありませんので、一銭も・・・(笑)、それでも入園料は無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「清瀬ひまわりフェスティバル」へ

暑い時季には、涼しそうな風景が好まれますが、今回の記事も残念ながら、そのご要望には沿えないことをお許しください。( 一一)(笑) と、云うことで、東京の最高気温が35℃の予報にもめげず、「清瀬ひまわりフェスティバル」へ行ってきました。(写真上参照) ここのひまわり畑は、清瀬市(東京)の東部に位置する下清戸(しもき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小石川後楽園の花菖蒲

ロボット(私)は、歳のせいか?将来を夢見ることよりも、60年ほど前の追憶にひたる方が心が弾みます。 要するに、卒業以来、現在でも継続している小学校のクラス会(年1回)を楽しみにしています。(^^♪ 今回は、女性一人と、ロボットが幹事なのですが、相手の女性は、幼心にも密かに憧れていた彼女ですので、(こんなこと、今でも、とても本…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

旧古河庭園のバラを見に行きました

駒込駅(東京)から徒歩12分のところにあって、国の名勝に指定されている「旧古河庭園」のバラが見頃と聞いて、二人で行ってきました。 二人と云っても、相手は家人ではなく、この写真を撮った友人です。 旧古河庭園は、大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在だそうですが、この土地はその名のとおり最後は古河家の所有となったところで…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

シクラメンの原種が咲く、国営森林公園へ

家内が、ご近所の仲間と一緒に、一泊二日の旅行をすると言うので、ロボット(私)は、家内にお小遣いを奮発して気持ちよく送り出すことにしました。(^^♪ しかし、その一方でロボットは、友人に、「この次の金~土曜日は 『鬼の居ぬ間に洗濯 』ですから・・・」、と、洗濯のお供を謎かけてみたのですが、友人は 『飲み会』の予定が入っているようでし…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

庭に咲いた花

大型連休中は、道路も観光地も混雑が予想されるので、ロボット(私)は、例年通り、ほとんど家に閉じこもっていました。 会社生活を卒業して毎日が日曜日となってからは、世間が 『動』 のモードで楽しんでいるときは、概して対照的な 『静』 のモードとなることが多く、特にこの期間は確実なのであります。 と、云っても、ごろ寝をしているわけ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

小石川植物園

上の写真は、我が家、つまりロボット(私)の家と、自慢の庭の一部でございます。(^^♪ と、云いたいところ(現状からの脱出願望も込めて(笑))なのですが・・・ 読者さまは 「赤と白の建物だから、真っ赤なウソで、直ぐに白状するだろう!」と、思ったのですか?、、ハイ、大正解です。(笑) この建物は、昭和45(197…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

「牧野記念庭園」へ・・・

ロボット(私)は、1回/月のペースで友人と共に “男の隠れ家(*)”へ出かけることにしています。 勿論、家内も承知ですので、ロボットがそこへ出かけて留守の間は、ご近所の奥さんとショッピングなどを楽しんでいるようです。 ロボットが、“男の隠れ家”から帰宅するのは、翌日、ではなくて、当日の深夜なのですが、家内は、少なくとも夕…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more